業界ニュース一覧

最新業界ニュースです。随時更新。

2005年8月  9月  10月  11月  12月

2006年1月  2月  3月  4月  5月   6月
    7月  8月  9月  10月  11月   12月

2007年1月  2月  3月  4月   5月  6月 
    7月  8月  9月   10月   11月  12月

2008年1月  2月  3月  4月   5月  6月 
    7月  8月  9月  10月  11月  12月

2009年1月 2月 

2009/03/30

日電協 陳情は未だゼロ回答

 先頃発足した回胴式遊技機製造業者連絡会の代表(会長)である里見治理事長(日電協)は、3月30日開催の日遊協東京都&関東支部総会の懇親会に出席し、祝辞を述べた。その中、昨年から行ってきたパチスロに関する保通 協検査方法の陳情(検査方法の緩和、事実上の出玉率アップ容認の要望)がゼロ回答であったと報告。3月9日にパチスロメーカー一本化した回胴式遊技機製造業者連絡会の設立を実現。その直後の3月11日の回答に期待していたが、結果 は「射幸性のアップに関する要望は全てNG」。里見理事長は「なぜここまで厳しいのか。まさに冬の寒さ、フリーズしたような気持ち」と肩を落とした。しかし「これからも説明は続けていく」として規制緩和を求めていく活動の継続を強調。次なる策として警察庁所管の公益法人、日遊協と共同でファンにアンケートを実施し、現在のパチスロ機がいかにファンの要望とかけ離れているかをデータにまとめ要望につなげたい意向だ。

 

2009/03/30

RSN 2月相談数108件

 ぱちんこ依存問題相談機関の「リカバリーサポート・ネットワーク」(RSN)は、さくら通 信3月号で2月の相談数は108件と公表。4月からの累計は、1075件となった。2月は相談日が19日だったが、半年ぶりに百件を超える相談。内、半数の62件が本人からだった。厳しい経済環境が長期化する様相にあり、「最近では30分を越える相談をお受けする」「自己破産や債務整理を行ってもぱちんこの問題が解決しないと、どうにもならない」など、内容面 では深刻化している傾向がみられるようだ。なお、援助職者間の連携強化と基礎アップの声を受け、「ギャンブリング問題 初歩編」を5月27日に企画。「これから関わる人のためのギャンブリング問題」をテーマに横浜で開催する。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)

 

2009/03/26

都遊協 スタート賞球個数の多い遊技機の開発要望を決議

 東京都遊技業協同組合(原田實理事長)は3月26日、遊技会館において3月度理事会を開催。その中、パチンコメーカーに対し、スタート賞球個数の多い遊技機の開発要望を決議した。現状の「遊パチ」は、投資金額ベースで考えると遊べる遊技機として推奨できる範囲にないとして、賞球数を6個や7個にし(他入賞口の賞球を少なくするなどしてでも)、玉 単価の低い遊技機の開発製造、あわせて小ロット販売、板替え可能機種の増加など価格の低減も要望する内容。

東京都遊技業協同組合

 

2009/03/26

東商流 新金賞品供給開始

 東京商業流通協同組合(小原啓一理事長)は、3月3日から新金賞品の供給を開始。「真正で且つ安全な価値ある金賞品」の提供を目的にスタートしており、その状況を26日の都遊協理事会に報告した。若杉専務理事が来場し説明。現在、世田谷集荷場の碑文谷地区、原宿地区(ホール14店舗)、世田谷地区、玉 川地区(ホール13店舗)で新賞品の供給と旧賞品の回収を開始。今後、渋谷、北沢、代々木、成城、目黒地区と、今後全都全域へと、入れ替えを進めていく。現在のところショップ、集荷場などにおいて大きな問題は発生しておらず順調に推移しているという。

東京商業流通協同組合

 

2009/03/19

マルハン 243店目茅ヶ崎店OPEN

 パチンコホール最大手の(株)マルハン(本社/東京・京都)は19日午後1時、「茅ヶ崎店」(神奈川)を新規開店し、本年度20店目、チェーン243店・総台数14万5119台(P11万0920/S3万4199)となった。茅ヶ崎店は、国道1号線沿い茅ヶ崎西インターすぐ、地上4F建て延べ床面 積約1万3595で、遊技機680台(P560/S120)、駐車場488台、ごはんどき営業。

株式会社マルハン

 

2009/03/19

KYORAKU吉本. HD 初仕事の沖縄国際映画祭、開幕

 KYORAKU吉本.ホールディングスが企画協力として参加する「沖縄国際映画祭」は、3月19日から22日にかけて、沖縄県北谷町アメリカンビレッジにて開催する。19日は、ビーチステージにおいて、レードカーペット&オープニングセレモニーが行われる。KYORAKU吉本.の大崎洋会長は、4月1日付で吉本興業・社長に昇格予定であり、京楽産業.と吉本興業の両資産を活かしたコンテンツビジネスの広がりが、期待されよう。

沖縄国際映画祭

 

2009/03/18

全日遊連 ジャグラーの認定希望対応の進行状況

 今夏に全国で約20万台の検定満了となるジャグラーシリーズ。継続して設置できるよう認定を希望する組合員ホールは、約1万店近くある。その認定対応の概況について協議が進められており、18日の全日遊連の記者会見でも進捗状況が報告された。
(1)各都府県方面遊協と各都道府県公安委員会との調整によって「北電子から支給され、取り付けている対策部品に関しては、取り付けたままの状態で認定申請が可能」という状況。注意・店独自で取り付けた対策部品は対象外。
(2)混乱をさけるために最大3ヶ月前から(各所轄による)認定作業を行えるよう調整。
(3)回胴遊商・組合員が写真撮影し遊技機の未改造を確認(チェック)する。
(4)製造メーカーである北電子では、今後3年間の部品在庫、交換を確約。

 

2009/03/18

全日遊連 2月1万1852店

 全日遊連(原田實理事長)は18日、全国理事会を開催。記者会見上で、1月・2月末時点の組合員ホール数を発表。2月末は1万1852店(新規14、廃業52、休業153)、遊技機の設置(総数:419万0721台)の内訳は、パチンコ283万6772台・パチスロ134万5378台・その他161台。1月末は1万1895店(新規17、廃業58、休業163)、遊技機の設置(総数:419万6098台)の内訳は、パチンコ282万8976台・パチスロ136万6962台・その他160台。

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

 

2009/03/18

全日遊連
機構からの助成金負担を一時中止する(21年度)限定措置

 全日遊連は、3月18日全国理事会後に記者会見を開催した。その際、3月11日に開催された一般 社団法人遊技産業健全化推進機構(河上和雄代表理事)の臨時社員総会・理事会での承認内容を報告した。機構定例理事会において「21年度の助成規程の取扱い」が承認となった。これは、経費負担額が予算額に達しない見込みによる限定措置。不正防止に取り組む助成団体(各都道府県)に助成していた取扱いが、21年度は限定的に、助成金の支払いを中止する対応。機構の臨時社員総会では、社員の経費負担の件が上程された模様で、全日遊連の経費負担については従来通 り(3000万円)で覚書を締結する予定と報告。なお、経費負担については、3月4日にホール5団体(全日遊連・日遊協・同友会・余暇進・PCSA)の連絡会で協議していた経緯。
★「機構 機構会費で全日遊連案が凍結?」を書き直しました★

 

2009/03/18

北電子 パチスロ『BON JOVI』完成披露記者会見開催

 (株)北電子(本社/東京都豊島区)は3月18日、東京港区のコンラッド東京において、同社初の版権物となるパチスロ『BON JOVI』新機種完成披露記者会見を開催した。会場には業界誌を中心に150名以上のマスコミ関係者が集まった。
 主催者代表挨拶で壇上に立った(株)北電子ホールディングスの小林優副社長は「この機種は北電子にとって、初の大型版権機種となります。この機械は今から5年前に社内プロジェクトチームの発足によって開発がスタートしました。メンバーは機種開発の為、何回もロサンゼルスに飛び、メンバーに熱い想いを訴えてようやく承諾を得ました。関係各位 のご尽力によって本日の発表を迎えられる事に感無量の思いであります」と述べ、同機種は初心者からヘビーユーザーまで幅広く楽しめ、更にはホール経営者にも安心して導入して頂けると自負していると語った。
 パチスロ新機種「BON JOVI」の序幕に移り、渡部廣宣、新藤芳弘両専務によって機械披露が行われた。続くイベントでは音楽評論家の伊藤政則氏、パチスロライターアニマルかつみ氏、ユニバーサルミュージックインターナショナルの小林担当ディレクターによる音楽トークセッション、パチスロ「BON JOVI」応援団(団長=デーブ・スペクター、特別応援隊=矢吹春奈、谷桃子、花木衣世)による応援パフォーマンス、お笑いコンビ、U字工事によるネタ披露など盛りだくさんに実施された。

株式会社北電子

 

2009/03/17

KPE「がんばれゴエモン」発表

 KPE(株)(本社/神奈川県座間市)は3月17日、パチスロ新機種「がんばれゴエモン」の発表に伴い、全国のショールームにおいて、内覧会を開催した。次回ボーナスまで継続するART「きらきら街道タイム」を搭載し、ボーナスのループに最大の魅力を置いた同機。ART突入に関係してくる5つの通 常ステージは、昼→夕方→夜→大江戸チャンス→超大江戸チャンスの順にアツくなり、大江戸チャンス中のボーナス当選はART確定。超大江戸チャンス中ならART2回、つまりボーナス3回ループが確定する。

KPE株式会社

 

2009/03/17

アイジーティージャパン「さすがの猿飛」発表

 アイジーティージャパン(株)(本社/東京都台東区)は3月17日、台東区の浅草ビューホテルにおいてパチスロ新機種「さすがの猿飛」の発表展示会を開催した。変幻自在の3タイプから選べるボーナスが鍵を握る同機は、選択したボーナスに応じてART『神風RUSH』の突入率&継続率が異なる仕様で、ART突入率と継続率のバランスが取れた肉丸ボーナスに、ART突入率を重視した魔子ボーナス、ひとたびARTに突入すればロング継続が期待できる忍豚ボーナスを搭載。ボーナス中に神風図柄が揃えばARTナビをストックか!?

IGTジャパン株式会社

 

2009/03/13

ジェイピーエス/トレード「TIME LIMIT」発表

 (株)ジェイピーエス(本社/大阪市福島区)は3月13日、台東区の上野パークサイドホテルにおいてパチスロ新機種「TIME LIMIT」の記者発表会を開催した。
 発表会の冒頭、古川常務は「2027をベースにして、新たなオリジナルストーリー展開、斬新なゲーム性、更なる出玉 性能を搭載した魅力溢れる機械に仕上がった」とあいさつ。
 ゲーム数でも継続率でもない、ライフポイント制のドラマティックARTを搭載した同機は、高確状態を察知しつつ、1ゲームあたり純増1.5枚のART『バトルモード』を狙っていくゲーム性で、ARTの連続性が出玉 の鍵を握る。通常時のゲームフローは、通常状態→(小役での昇格抽選に当選)→高確率状態(リプレイで転落抽選)→(3択ベル成功等)→AT『フォルトゥナタイム』→(20ゲーム消化)→高確率状態…の流れ。高確及びAT中のボーナス当選でART突入が確定する。ARTは演出によるライフポイントの増減が継続の鍵となり、最大継続は約857ゲーム。

株式会社ジェイピーエス
株式会社トレード

 

2009/03/13

NHK教育テレビ
「版画で描くシネマとパチンコ」3/24 22:50 ON-AIR

 パチンコ機の歴史研究で知られる版画家・杉山一夫氏を紹介する「版画で描くシネマとパチンコ」は、NHK教育テレビの名物番組『視点・論点』において、3月24日火曜日22時50分から23時に放送する(予定)。著書『パチンコ誕生・シネマの世紀の大衆娯楽』(パチンコのルーツは大大阪にあった!)を昨年出版(創元社発行)。これまで収集した娯楽遊技(戯)機のコレクション&個展を2/10-20日まで銀座で開催。パチンコ機の歴史研究に新境地を開き、内外から高い関心が集っている。今回のオンエアを通 じ、日本における20世紀最大の娯楽(発明)のひとつがパチンコであると、和文化のパチンコ継承の大切さを伝える。

NHK(ニュース/報道)

 

2009/03/12

サンセイアールアンドディ
「CR戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜」発表

 (株)サンセイアールアンドディ(本社/名古屋市中区)は3月12日、新機種「CR戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜」シリーズの発表に伴い全国各地のショールームで内覧会を開催。大阪支店は2月21日に事務所を移転。新事務所初の内覧会となった。映像美に定評のある同社製機種。同機にも現状最高のAG3+16ギガビットを採用し、煌びやかで栄華を極めた戦国時代の美しき姫達を完全再現。更に画面 上左右部に搭載された「宝珠役物」がゲームの至る所で燦然たる輝きを放ちプレイヤーを珠玉 の世界へと誘う。

株式会社サンセイアールアンドディ

 

2009/03/12

愛知 シニアフェアにパチンコミュージアム連続出展

 愛知県遊技業協同組合(木下栄吉理事長)は4月9日から12日の4日間、ナゴヤドームにおいて開催の「アクティブ・シニアフェア2009」内「娯楽・知的好奇心」ゾーンに「パチンコ・ミュージアム」(クラシック台&遊パチ各10台)を出展参加する。 開催日:2009年4月9日〜12日 10:00〜17:00 ※12日は17:30まで 。料金:一般 (高校生以上)1000円(前売800円)、中学生以下無料。

愛知県遊技業協同組合
アクティブ・シニアフェア2009

 

2009/03/12

豊丸産業 モバイルサイトをOPEN

 遊技機メーカーの豊丸産業(株)は、公式モバイルサイト「豊丸魂★モバイル」の配信1年を迎える。12日よりau配信をスタートして、全キャリアが対応可能となった。充実したコンテンツを日々アップグレードしており、「CR銀河鉄道999」実機シミュレータアプリなど配信中。

豊丸産業株式会社

 

2009/03/11

信頼の森 プレ・ホームページスタート

 佐藤洋治氏(ダイナムホールディングス代表執行役社長)が提唱する、低価貸専門のパチンコ版ボランタリー・チェーン「信頼の森」は、着々とスタート準備を進めている。本日より、たかのす店、新潟十日町店、柳川店を含めた「気軽で楽しいコンビニパチンコ、そして健康対策」をキャッチフレーズとしたホームページ「信頼の森」を開局。「1号店の名に恥じぬ よう皆さまのご期待に沿えるお店にしていきます」と、たかのす店マネージャー。同店18、19日には、コンビニパチンコ体験会のソフトオープンを企画予定。なお、人間力経営総合研究所主催の「中小ホールサバイバルセミナー」(3/11)において、「信頼の森」の全容がさらに詳しく紹介される。

信頼の森

 

2009/03/12

マルホン工業
「CR中村美律子の人生祭りだ!だんじりだ!」発表

 マルホン工業(株)(本社/愛知県春日井市)は3月11日、マルホン工業東京支社においてパチンコ新機種「CR中村美律子の人生祭りだ!だんじりだ!」の記者発表会を開催した。  はじめに丸山営業本部長が「この台の大きな特長として盤面上部に設置した花道ボーナスを搭載し、お客様を満足させるとともに、ホール様にも長く使っていただける台に仕上げました」と述べた。  翌日には大阪ショールームに中村さんが来場。トークや歌で来場したホール関係者を盛り上げ、最後に実機を試打。煌びやかな演出に一喜一憂し、曲が流れると歌いながら自らの台を楽しんだ。  役物には揺れれば揺れるほど期待感が高まる「桜ギミック」やあらゆるポイントでチャンスを告知する「傘回転体」を搭載。演歌の心を華麗に、そして大胆に表現した。

マルホン工業株式会社

 

2009/03/10

SANKYO パチンコ&パチスロ同時発表

 (株) SANKYO (本社/東京都渋谷区)は3月10日、パチンコ新機種「CRフィーバー銀牙伝説WEED」及びパチスロ新機種「もっと楽シーサー」の発表に伴い、全国各地のショールームにて内覧会を開催した。
■CRフィーバー銀牙伝説WEED
 ゲームの鍵は7図柄大当りもしくは2R確変から突入する次回まで電サポが行われる確変「牙城奪還モード」にある。電サポ中の大当りは全て14R確変or通 常となり、ミドルスペックにおいて確変割合70%という高い確率の14Rループが期待できる。
■もっと楽シーサー
 5号機好評の「楽シーサー」の第2弾となる同機。シーサー役物は前作の約2倍となり更なるインパクトを増した。合成確率においても全体的に高確率に、更に演出パターンが従来の3種89通 りから今回11種229通りと倍以上用意された事でもっともっと楽しめる一機としてなってグレードアップした。

株式会社SANKYO

 

2009/03/10

ニューギン「CRデビルマン2」発表

 (株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は3月10日、新機種「CRデビルマン〜悪魔聖戦〜」の発表に伴い、全国各地のショールームで内覧会を開催。近畿では11日に和歌山方面 のホールを対象に和歌山市の和歌山地域地場産業振興センターにて内覧会を開催。地方に目を向けた機種のお披露目に同県内の大勢のホールが訪れた。同機は通 常遊技中と大当り後の電サポ状態中でゲーム性が大きく変わる「デュアルバトルスペック」を搭載。通 常時の確変割合は15R確変・通常、7R確変の3種類で、2R確変や潜伏、小当り等がない、全て出玉 のある大当りとなっている。そして確変中や時短中の電サポ入賞時はこのスペックが、15R確変、2R確変・通 常というバトルスペック機の確変割合へと大変貌を遂げる。

株式会社ニューギン

 

2009/03/09

(速報版) 回胴式遊技機製造業者連絡会82社加盟

 回胴式遊技機製造業者の統一的組織として「回胴式遊技機製造業者連絡会」は、3月9日グランドアーク半蔵門において設立大会を開催した。連絡会の代表として会長に日電協の里見治理事長、副会長には、日工組の井置定男理事長、電遊協の黒澤正和理事長の2名を選任。警察庁生活環境課の尾崎専門官(辻課長の祝辞を代読)、遊技産業健全化推進機構の河上代表理事、全日遊連の原田理事長、日遊協の深谷会長、回胴遊商の伊豆理事長がそれぞれパチスロメーカー一本化を祝した。連絡会を代表して、里見会長は「製造業者がひとつになって健全化を推進していく、今日がスタート。行政にお願いしていることもあるが、いいお返事がいただけるのではないかと思っている。」と設立意義を強調した。尾崎担当官は、「依然として適合率が低い。法令の趣旨に則った健全な射幸性を抑えた遊技機の開発を願う。また不正(改造事犯)も多い。引き続き健全化を進めてほしい」と連絡会に期待した。連絡会の設立目的は「相互に情報を共有。不正排除、健全化推進、社会的信頼を獲得、社会的責任を果 たす」。事務局は、日電協が担当する。なお、今後の定期会合については、未定であり、今後の動向により随時開催したい意向だ。
■会員82社(株式会社・略)
「日電協」/アビリット、パイオニア、岡崎産業、サミー、アルゼ、オリンピア、ネット、北電子、藤興、タイヨー、メーシー販売、ラスター、山佐、バルテック、大都技研、アイジーティージャパン、ロデオ、ベルコ、アリストクラートテクノロジーズ、オーイズミ、ニイガタ電子精機、KPE、ジェイピーエス、トリビー、スパイキー、ヤーマ、SNKプレイモア。
「日工組」/エース電研、奥村遊機、京楽産業.、銀座、SANKYO、サンセイアールアンドディ、三洋物産、ジェイビー、ソフィア、大一商会、タイヨーエレック、大和製作所、高尾、竹屋、ディ・ライト、ニューギン、ビスティ、藤商事、平和、まさむら遊機、マルホン工業、ミズホ。
「電遊協」/エマ、ビーム、パレス興業、デージー、デンケン販売、遊人。
「賛同会員」/アイ電子、アクト技研、アスワン東京、アトム、アルチザン、イープレイ、イレブン、ウインテル、ウェーブ、エール、エレコ、エンターライズ、オルカ、コルモ、SANKO、シスコン、清龍ゲームジャパン、DEXEL、中京遊技、トロージャン、ニュー・モンキー、ネイチャー・アセスメント、パラジェーピー、P-CUBE、ヒット、ブリッジ、マツヤ商会。

 

2009/03/06

高尾「CR弾球黙示録カイジ沼」発表

 (株)高尾(本社/名古屋市中川区)は3月6日、P・Players'Cafeにおいて、新機種「CR弾球黙示録カイジ沼57億の孤独」の発表会を開催した。
 はじめに挨拶に立った内ヶ島隆寛副社長は「今回発表する機械は前作において我々が満足出来なかった点、また様々な方々からご指摘いただいた点をできうる限り改良して完成させました。今まで我々が発表してきた機械の中で最高のものが出来たと自負致しております」と語った。
 前作よりパワーアップしたこの機械は、マンガの中に登場したパチンコ機「沼」をフューチャーし、その台をモチーフにした役物を搭載。これが液晶と連動して大当たりへ導く役物と画面 の連動新次元システムにより、今までに味わった事のないスリルが体感出来る。さらにSTタイプの枠を突き抜けたゲーム性を持ち、2種類のSTタイムと4種類のボーナスをキーワードに豊富なバリエーションでプレイヤーを虜にする。

株式会社高尾

 

2009/03/05

機構 2月立入231店舗

一般社団法人遊技産業健全化推進機構(河上和雄代表理事)の機構検査部は、2月中の実施状況として全国15都道府県で、231店舗の立入実績と発表した。今年度(2008/4-2009/2)の累計は、2752店。

遊技産業健全化推進機構(機構)

 

2009/03/04

綜合ユニコム 2008年市場規模24兆488億円と推計

 綜合ユニコム(株)は、パチンコホール経営企業2186社の最新決算期の売上高を独自に集計、分析した「パチンコ産業年鑑2009」(定価42,000円)を発行。独自集計では、2007年3月期以降の売上高が把握可能な2186社のパチンコホール企業の売上高を推計、24兆0488億円(前年比13.5%減)とした。なお、前回の調査は売上高上位 1500社との比較。主力企業50社の業績動向分析では、独自調査によるが、1社当たりの年間売上高1808億円、平均店舗数35店舗、1店当たりの平均設置遊技機台数513台、1店当たり年間平均売上高49億円、等。主力50社の占める売上高シェア約38%、店舗数シェア約15%、遊技機台数シェア約22%、と大手企業のシェアが伸張していると特徴づけた。詳細については、綜合ユニコム(株)まで。

綜合ユニコム株式会社

 

2009/03/03

保通協 2月型式試験

 保通協は、3日付で、2月の型式試験状況を発表した。適合ぱちんこ39、回胴24、不適合ぱちんこ11、回胴48だった。

財団法人保安電子通信技術協会(保通 協)

 

2009/03/02

三洋物産 海物語が今夏TVアニメ放映決定

 海物語のキャラクターが登場するTVアニメ番組「うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜」の制作が決定した。『ARIAシリーズ』『カレイドスター』などのヒットメーカー・佐藤順一監督他の豪華なスタッフを迎え、パチンコの海物語シリーズの登場キャラや美しい海を核に、キャラクターの表現方法や世界観にアニメオリジナルの視点と要素を大胆に加えて全く新しい物語に挑む意欲作となっている。アニメ化を記念して、「コミックブレイド」(2/28から)、「コミックハイ!」(3/21から)で連載スタート。3月18日から21日までの東京国際アニメフェア2009にブース特設など、PRしている。

公式ホームページ

 

2009/03/02

PCSA データベース推計では、売上高35兆円

 PCSAは、2月27日第7期第3回臨時社員総会を開催した。昨年来、業界規模について自らが正確に開示していくべきとの方針で、PCSA データベースの集計が行われていた。今回、半期集計となったが、その推計では、売上高9127億円(17社)、台あたり771.2万円として、全国台数にかけて約35兆円(経常利益は1兆320億円)規模と推計した。また、雇用面 では、集計1万8044名、台あたり0.078名、全国35万7500名、納税額139億円、台あたり6.5万円、全国3002億円等、雇用や納税額において、社会的にも大きな役割を担っていると分析した。今後も、集計は継続していく予定。

有限責任中間法人パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)

 

2009/03/02

信頼の森 3月20日からスタート

 PCSAは、2月27日第7期第3回臨時社員総会に併せて第28回経営勉強会を開催。その第1部セミナーにおいて、佐藤洋治アドバイザー(株式会社ダイナムホールディングス代表執行役社長)は、「ダイナムの大改革から信頼の森への挑戦」をテーマに、低価貸専門店「信頼の森」を3月から新屋号によるボランタリーチェーン展開していくと発表した。
  3月、鷹ノ巣店(秋田)を皮切りとして、十日町店(新潟)、柳川店(福岡)を予定。年内30店余の「信頼の森」チェーンを予定したい考え。ダイナム独自の「ゆったり館」をさらにパワーアップした業態(1)遊技機は、確率100分の1位 の遊技機を主力に6-7割設置。
(2)パーソナルシステムを標準装備
(3)景品は1250アイテムの共同システム
(4)タバコ対策では完全分煙
(5)騒音低減/防音対策を進めて、現段階では10-15フォンの低減(6)業務用・空気浄化システムを特別 発注、等。
  「信頼の森」グループの本部としては、株式会社信頼の森、一般社団法人信頼の森(社会貢献担当)を設立。「発注システム」「遊技機のネットオークションシステム」((株)パチンコリース)等、共同購買によるメリットを最大限発揮できるとして、ホール企業の参加を呼びかけた。

株式会社ダイナム

 

2009/03/02

RSN 1月相談数95件

 ぱちんこ依存症相談機関の「リカバリーサポート・ネットワーク」(RSN)は、さくら通 信2月号で1月の相談数は95件と公表。4月からの累計は、967件となった。新年相談受付は1月5日からだったが、5から9日までの第1週だけで32件の相談。内、24件がホール内ポスターを見た本人からだった。なお、ホール内ポスターによる相談は全体の60%。また、インターネット経由での相談経路も増加傾向にあり、アクセス解析をスタートして、相談対応に備えたいとしている。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)