業界ニュース一覧

最新業界ニュースです。随時更新。

2005年8月  9月  10月  11月  12月

2006年1月  2月  3月  4月  5月   6月
    7月  8月  9月  10月  11月   12月

2007年1月 2月 3月 4月

2007/05/31

トレード 展示会参加希望の一般ファンを募集

 (株)トレードは、6月5日に(株)ジェイピーエスの新機種「ニーマルニーナナ」の発表会を開催する。それに合わせて展示会参加希望の一般 ファンをWeb上で募集している。募集は先着順で定員30名。

株式会社トレード

 

2007/05/30

日遊協 第2次「遊技機メーカーとの交流セミナー」開催

 (社)日本遊技関連事業協会(深谷友尋会長)は、店長等講習・試験の合格取得者を対象に営業上必要な知識・技能の一層の研鑽を図るため「遊技機メーカーとの交流セミナー」を開催。5月22日の(株)三洋物産の工場見学に引き続き、5月30日にはサミー(株)川越工場での見学及び交流セミナーが実施され、21名が参加した。参加者は2班に分かれ、それぞれ工場スタッフの案内及び解説によって工場内を見学。QRコードによる管理システムなどのレクチュアーも受けた。見学後、セミナーに移り、開発部門の幹部から「パチスロ5号機の開発について」として、サミーにおける開発手順などを説明、営業部門幹部からは「5号機時代を迎えるにあたってサミーからのご提案」と題した説明を行った後、近藤常務を交えて質疑応答が行われ、最後に片本社長が締めて交流セミナーは終了した。

社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協)

 

2007/05/30

西陣 「遊べるキャンペーン」夏・秋

 (株)西陣(沖真人社長・本社/東京都千代田区)は30日、第2弾の「遊べるキャンペーン」日程について発表した。「遊パチ」への継続した取組みとして「遊べるキャンペーン」を3カ所で展開していく。札幌【6月14-16日】(STVラジオまつり)、仙台【7月28-29日】(TBCラジオまつり) 、福岡【10月20-21日】(RKB毎日放送) 主要3会場で一般ファン向にキャンペーンを展開する。

株式会社西陣

 

2007/05/30

西陣「CR海百景」発表

 (株)西陣(本社/東京都千代田区)は5月30日、グランドプリンスホテル赤坂おいて、「CR海百景」シリーズのプレス発表会を開催した。発表会では、海百景ヒロインの小野真弓さん、テーマ曲を歌う須藤まゆみさんが登場。話題づくりにつとめた。会見では(株)西陣の近藤修一取締役営業本部長、(株)ソフィアの清水要一開発部長が新機種の説明をおこなった。この新機種は、2000年に人気を博した海百景をモチーフとしてさらにグレードアップ。コンセプトは明るく・楽しく。たとえば花満開シリーズで花びらが特徴のように、この海百景では、魚群の集散表現を使って大当りの期待感づくりに役立てた。さらに小野真弓さんの持つイメージも融合させ、明るく元気で健康的な心地よさを増幅させた。また、明るく楽しくをメインコンセプトに、販売展開していきたい。その皮切りとして、5月30日上野ショールームの1日店長を小野真弓さんが担当した。

株式会社西陣

 

2007/05/29

マルハン 決算・1兆8149億円、店舗数209店

 創業50周年を迎えた(株)マルハン(京都本社/京都市上京区・東京本社/東京都千代田区)は、5月29日に東京都千代田区の帝国ホテル東京、同30日に京都市下京区のホテルグランヴィア京都において、主に金融関係者や投資家などを対象とした第35期会社説明会を開催した。売上高1兆8149億円、営業利益321億円、経常利益323億円を報告し、今期(第36期)は1兆9082億円を目指していく。

株式会社マルハン

 

2007/05/29

銀座/銀座販売「CRラブラブオリーブ」発表

 (株)銀座販売(本社/東京都豊島区)は、(株)銀座(本社/名古屋市中区)製のパチンコ新機種「CRラブラブオリーブ」シリーズの発表に伴い、5月29日に都内台東区のラベルオーラムにおいて、5月30日に大阪市中央区のスイスホテル南海大阪、6月1日に札幌市ホテルモントレエーデルホフ札幌と、仙台市のホテルモントレ仙台において、展示発表会を開催した。ポパイのヒロインとして抜群に知名度を誇るキャラクター「オリーブ」を主役に据え、ラブリーな雰囲気満載の同機は、盤面 上部に設置されたハート型扉役物が大きな特徴。扉が開き、中からオリーブフィギュアが現れれば激アツの大チャンス。ブランク図柄であるハート柄がセンターラインに揃えば期待度アップの「ブランクハートチャンス」や、ドラム、ランプなどの多彩 な役物予告、ガンマン、遺跡、シンデレラなどバラエティ豊かなリーチ演出が用意され、プレイヤーを興奮の世界を誘う。

株式会社銀座販売

 

2007/05/29

高尾「CRフィンガー5学園天国」発表

 (株)高尾(本社/名古屋市中川区)は5月29日、赤坂グランベルホテルにおいて、新機種 「CRフィンガー5学園天国」シリーズを発表した。同機は、かつて日本中を魅了した「フィンガー5」を復活。歌と光のリズムでプ レイヤーを飽きさせない「スポットライト」「フィンガーランプ」「スターライ ト」「スピーカー」の演出。そしてリーチは「学園天国」「恋のダイヤル6700」「個人授業」「恋のアメリカンフットボール」を搭載。遊び込むほどに、ワ クワク元気が湧き上がるヒットメドレーパチンコとなっている。発表会では 、長沢純氏の司会のもと、内ヶ島副社長(営業本部長)は、(1)優れた音楽性( 2)シンプルだけど最新(3)飽きのこない創りこみという3点に力を注いだと 強調。AKIRA&TAEKOによるミニライブや、矢部美穂さん、「ト リプルP」が発表会に華を添えた。なお、同シリーズ遊パチ(CRA)について も目下申請中。ホール導入は6月中旬以降の予定。

株式会社高尾

 

2007/05/25

ニューギン「ナチユリ」発表

 (株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は5月25日、パチスロ新機種「ナチユリ」の発表に伴い、全国各地のショールームで内覧会を開催した。ボーナスを液晶・ハイビスカスランプでナビゲーションを告知してくれる初心者でもカンタン!安心!楽しめる沖ナビスロとして登場。また、スロットファンの心理とツボをおさえた、逆転の発想“告知小役がハズレるとボーナス!?”という従来の常識をくつがえす新システムを搭載。演出で登場するキャラクターの対応小約が揃うと、液晶にハイビスカスが出現!!小役を揃えるドキドキ感が、自分でボーナスを引き当てた達成感に浸れる。

株式会社ニューギン

 

2007/05/25

三洋物産「CRスーパーわんわんパラダイス」発表

 (株)三洋物産(本社/名古屋市千種区)は、新機種「CRスーパーわんわんパラダイス」シリーズの発表に伴い、全国のショールームにて内覧会を開催した。シリーズ初の役物と、3つのモードから選択できる機能の搭載により、シンプルで可愛らしい「わんパラ」シリーズの魅力はそのままに、多彩 なゲーム性を加えて帰ってきた。モードは「ラスベガスモード」「ラブちゃんモード」「ロサンゼルスモード」の3つで構成。また確変昇格チャンスとして、ラスベガスモードでは大当り中のスロットゲームで図柄が揃えば、またラブちゃんモードでは、大当り中にブルドッグが吠えれば、さらに全モード共通 で、エンディング画面でロッキーが登場すれば確変へ昇格!?と大当り中の楽しみがいっぱい!

株式会社三洋物産

 

2007/05/23

オリックス パチンコホールの安心感をリリース

 オリックスは23日、パチンコ事業者向けの営業貸付金に関してプレ スリリースを行った。そのリリースによるとパチンコ業界向けの融資に 対する警戒感が高まっていたことに対する安心感を高めさせる内容メッ セージとなった。パチンコ業界向けの営業貸付金残高は前期末で 2751億円、1社への残高は最大でも100億円以下であり、大 部分は担保で保全されていると伝えている。

オリックス

 

2007/05/23

愛知遊協 第22回パチンコ大衆文化・福祉応援賞

 愛知県遊技業協同組合(平林米司理事長)は5月23日、名古屋マリオットアソシアホテルで通 常総会の開催に併せて、県民の間にもすっかり定着したパチンコ大衆文化・福祉応援賞の贈呈式を行った。同賞は今年で22回目を向かえ、多方面 にわたって地道な活動を続ける4氏8団体の功績が称えられた。
 挨拶で平林理事長は受講者の功績を讃えながら、先に行われた総会が終了したことを報告。続けて「今年はこの大衆文化福祉応援賞が全日遊連の社会貢献機構の社会貢献大賞に選ばれました。我々としては非常に名誉な事と思っております。私どもの業界は社会的な認知度が低いと言うことを憂いて居ますが、一昨年行われた万博への出展や、今年のアクティブシニアフェアへの出展等々により、認知度も高まってきたのではないかと思っています」と語った。

愛知県遊技業協同組合

 

2007/05/22

日遊協 第2次「遊技機メーカーとの交流セミナー」開催

 (社)日本遊技関連事業協会(深谷友尋会長)は、店長等講習・試験の合格取得者を対象に営業上必要な知識・技能の一層の研鑽を図るため、「遊技機メーカーとの交流セミナー」(第2次)を開催。
 5月22日に三洋物産工場で開催された工場見学には27名の店長参加者が集まった。遊技機が出来るまでの行程を説明された後に、工場内へ。ベニヤ行程ラインから内外枠組み立てラインと順を追って見学し、最後は出荷ラインで発送される遊技機を見送った。続いて交流セミナーでは、三洋物産から金沢全求専務取締役、盧昇取締役営業企画部長らが参席。「遊技機メーカーは新時代をこう考える」「これからの製品開発について」「不正対策について」の演目でセミナーを行った。最後の質疑応答では、上記セミナー内容を更に深堀した質問や、販促活動についてなど、様々な意見が交換された。

社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協)

 

2007/05/22

マルハン マルハンズNETスタート

 パチンコホール最大手の(株)マルハン(本社/東京・京都)は16日、(株)ケイブと共同したデジタルメディア事業を発表。マルハンは創業50周年を迎える22日より、マルハン会員&一般 ファンに向け携帯電話サイト「MARUHAN'S NET」を通じて遊技台情報提供・メールマガジンの発行をスタートさせた。なお会員数は100万人を超えているという。

株式会社マルハン (MARUHAN'S NET)

 

2007/05/22

大遊協 大阪PB機づくりスタート

 大阪府遊技業協同組合(段為梁理事長)は5月22日、定時総会の席上、大阪PB機の開発について組合内での開発募集をスタートさせた。パチスロ機メーカーはイレブン社と共同する。組合員からの機種要望(意匠/スペック等)を取りまとめて、メーカー発注して今後決定していく予定。PB特別 委の構想としては、1000台以上、価格は20万円位を要望して、希望購入台数を取りまとめていく予定で取り組んでいく。また遊べるパチンコ機として大立のオール10機を参考展示していた。

大阪府遊技業協同組合

 

2007/05/22

大遊協 ヤクルト福祉キャンペーン見合わせ

 大阪府遊技業協同組合(段為梁理事長)は、22日定時総会の席上、共同購買事業の重要な柱であるヤクルト商品の企画キャンペーンを6月から予定していたが、急遽、この企画を延期すると発 表。組合側の説明として、5月8日に組合決定していた恒例の福祉キャンペーンだったが、5月14日にヤクルト再販報道を受け、消費者の不安イメージが払拭できない期間での販促対応はとりやめるとの判断。ヤクルト社との共同購買契約は、上部組織の全日遊連で統括契約している。今回の経緯・対応等については、大遊協として独自契約分を延期としたもの。席上、ヤクルト社の担当者がお詫びと経緯説明に訪れた。「再販」が都内の一部の地区&関係者の「業務改善」行為であったと説明。府下では早急に調査をおこない適正な取り扱いを確認したという。ただ、「食の安全」という面 、遊技場での景品面で不安を与えたこと含め陳謝し、信頼回復に取り組むことを誓っていた。

大阪府遊技業協同組合

ヤクルト再販の件
http://www.yakult.co.jp/cgi-bin/newsrel/prog/news.cgi?coview+00234
http://www.chuotokyo-yakult.co.jp/apology.html

 

2007/05/22

平和 パチスロ2機種3タイプ同時発表

 (株)平和(本社/群馬県桐生市) は、パチスロ新機種『日本ブレイク工業』『BunBunMaru』2機種の3タイプを同時発表。5月21日名古屋、22日東京・大阪の各支社ショールームで展示会を開催した。
「日本ブレイク工業」は横浜に実在する解体業者である。ボーナス終了後は全て「萬ZONEチャレンジ」に突入。チャレンジ中は「萬ZONE」への移行が高確率で抽選される。チャレンジ中に青リプ・青リプ・赤リプが揃えば萬ZONEへ突入する。ちなみに、チャレンジからゾーンへの突入率は、BB後で約70%、RB後なら約50%。
「BunBunMaru」は、「リプ連タイプ」と「ペカッ予告タイプ」の2タイプで登場。 リプ連タイプは、通常ゲーム中にリプレイが連続するほどボーナス突入期待度がアップし、爆音と共に「BunBun」マークが光ればボーナスが確定。ペカッ予告タイプはリール右下の「BunBun」マークが光ればボーナスが確定する完全告知型。

株式会社平和

 

2007/05/21

VQnet Go-Go!5号機キャンペーン

 中古遊技機トレード情報サービスの(株)バリュー・クエスト(本社/東京都新宿区)は21日、5号機本格稼動を前に「GO-GO!5号機お楽しみプレゼント」と題して6月中のパチスロ5号機売買会員を対象としたキャンペーンを発表した。6月1日から30日まで5号機中古売買を1台以上制約した会員を対象として、抽選応募の中、114名に「5」に因んだ賞品をプレゼントする。

株式会社バリュー・クエスト

 

2007/05/18

PTB 会員拡充実に取り組む

 有限責任中間法人パチンコ・トラスティ・ボードは、18日都内ホテルにおいて定時社員総会を開催した。パチンコホール経営企業の社会的地位 向上を目指す、業界外の有識者・専門家による組織として、平成17(05)年2月に設立、現在、ホール経営企業7社が参画している。総会では、原案通 り議案を承認し、PTBの取り組み意義について一層啓蒙PRしていくとともに、参画企業の拡大に向け取り組んでいくことを決議した。その後、第2回PTB公開セミナーとして、PTB監視委員の國廣正弁護士を講師に「最近の企業不祥事から何を学ぶか (パチンコホール経営への示唆。)」を受講、関係者百名余が参加した。

PTB(パチンコ・トラスティー・ボード)

 

2007/05/15

日工組 パチンコ機出荷台数433万台

 日本遊技機工業組合は、15日の定時総会において、平成18年度のぱちんこ遊技機の証紙枚数を公表した。それによると、約433万枚(遊技盤約163万枚を含む)と、前年比32万枚の増加。日工組における回胴式遊技機の証紙発行枚数は約19万枚。型式試験では申請数783件(うち適合機種573件)、前年比48件減。回胴式遊技機では、申請数135件(うち適合65件/前年比44件増)だった。また、使用済遊技機回収は約110万台。

 

2007/05/15

IGTジャパン パチスロ2機種同時発表

 アイジーティージャパン(株)(本社/東京都台東区)は、パチスロ新機種「幻獣覇王」及び「ハワイっ娘」の2機種同時発表に伴い、5月15日に東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂において、同17日に大阪市中央区のスイスホテル南海大阪において展示会を開催した。
「信長の野望 天下創世」、「逮捕しちゃうぞ」に続くA-360シリーズ第3弾として登場した「幻獣覇王」。3種のボーナス構成で、ボーナス終了後に100ゲームのRTに突入する巫女ボーナスは、華麗なる巫女ワールドに訪れる至福の瞬間がプレイヤーを魅了する。
 完全告知機の「ハワイっ娘」は、リール左右に搭載されたハイビスカスランプが光ればボーナス確定!リプレイの連続が鍵を握る!?

IGTジャパン株式会社

 

2007/05/10

藤商事「CRプロジェクトA」発表

 (株)藤商事(本社/大阪市中央区)は5月10日、東京支社ショールームにおいて新機種『CRプロジェクトA』のプレス試打会を開催した。香港を代表するハリウッドアクションスターのジャッキー・チェンがデビュー10周年を記念して製作し、一躍香港映画を世界に認知させた大ヒット作がモチーフ。ハイスピード&ド派手に光る「A・GATE」、多彩 な色を発光し、予告に大活躍の「Aフラッシュ」、A・GATE役物と連動して発光する「プロジェクトフラッシュ」を搭載。またリーチ演出には実写 リーチに加え、「CRキョンシー」で登場以来、多くのパチンコファンから再来を待ち望まれてきた「レイリー」がプレミアムゲストとして登場。香港の3大スターとの夢の共演が同機にプレミアムの華を添え、演出をさらに盛り上げる。

株式会社藤商事

 

2007/05/10

サンセイ「CR義経物語」発表

 (株)サンセイアールアンドディ(本社/名古屋市中区)は、「CR義経物語」の発表に伴い、5月8日の鹿児島を皮切りに全国各地のショールーム&特別 会場で展示会を開催した。時代は源平合戦末期。義経を主人公に打倒平家、さらには兄頼朝との確執をテーマにして、「通 常」「特訓」「確執」の3つのモードで物語を展開する。大当たり終了後に必ず突入する確執モードは義経VS頼朝の兄弟対決で、義経が勝ち続ける限り確変は継続する。また通 常モードでのリーチは「一ノ谷」「屋島」「壇ノ浦」と合戦地が西へ進ほど期待度は盛り上がり、特訓モードでは義経を取り巻くオーラの大きさがそのまま期待度につながっている。

株式会社サンセイアールアンドディ

 

2007/05/09

大一「デジタル所さん」発表

 (株)大一商会(本社/愛知県北名古屋市)は5月9日、パチスロ新機種「デジタル所さん」を発表、全国各地のショールームで内覧会を開催した。あの人気TV番組「デジタル所さん」の世界観を余すことなく多彩 な演出で再現。カンタン安心なシンプル設計で誰でも遊べるお気軽スロットとして登場した。ボーナスを期待させる特殊小役&チャンス目の出現頻度は20ゲームに1回の確率。満点の「満腹タイム」は赤7ボーナス後に突入するRTシステム。チャンス目に当選するまでずっと継続。エンドレスな期待度に注目。リール上部液晶としては業界最大級を誇る15.9インチの大画面 液晶「DAInaviSION」を搭載。

株式会社大一商会

 

2007/05/09

ニューギン「CR快獣ブースカ・サバンナ編」発表

 (株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は5月9日、新機種「CR快獣ブースカ・サバンナ編S-VX」の発表に伴い、全国各地のショールルームで内覧会を開催した。昭和41年に日本テレビ系列で放送された特撮ファンタジックコメディ「快獣ブースカ」をモチーフに、悠々と遊ぶ快獣ブースカとどうぶつたちの物語が繰り広げられる。横スクロール5ラインでシンプルにまったりと癒しを提供する。幸せを運ぶブースカ図柄が中段に出現すれば「ブースカチャンス」。CHANCEボタンを連打し、木を揺らしてリンゴを落とそう。見事全部落とせば大当り!また、半分しか落とせなくても、確変突入の大チャンスとなる。

株式会社ニューギン

 

2007/05/08

SNKプレイモア パチスロ3機種同時発表

 (株)SNKプレイモア(本社/大阪府吹田市)は、パチスロ新機種「ザ・キング・オブ・ファイターズ2」、「ドキドキあかずきん」、「チャムチャム」の3機種同時発表に伴い、5月8日に東京ドームホテル、同10日に新大阪江坂東急イン、同11日にウェスティンナゴヤキャッスルにおいて展示会を開催した。
 5種のボーナスとRTで構成された「ザ・キング・オブ・ファイターズ2」は、出玉 、システム、ストーリー性、グラフィック、それら全てを前作から一新。グレードアップしたスケールで展開するバトル演出の数々に、プレイヤーは興奮必至だ。3種のボーナスからなる「ドキドキあかずきん」は、獲得枚数MAX416枚のマリービッグを搭載。5号機の大量 獲得機として登場した。人気格闘ゲーム「サムライスピリッツ」の外伝として登場した「チャムチャム」は、4種全てのボーナス終了後に50ゲームのRTへ突入。個性豊かな登場キャラクター達が、様々な演出をコミカルに、そして元気いっぱいに彩 る。

株式会社SNKプレイモア

 

2007/05/08

機構 4月立入12都府県53店舗

 有限責任中間法人遊技産業健全化推進機構(河上和雄代表理事)は、4月2日から立入検査をスタート。5月8日機構検査部は、4月中の実施状況として、全国12都府県、53店舗とWeb上で発表。「今後も全国の誓約書提出ホールに対し、営業時間の内外を問わず、随時、無通 知による立入検査を実施致します」としている。なお「機構の趣旨に賛同したホール」は、1万3954店(9日現在)。

遊技産業健全化推進機構(機構)

 

2007/05/07

三洋 マリンちゃんを探せ2007募集スタート

遊技機メーカーの(株)三洋物産&(株)三洋販売は、「三洋イメージガールマリンちゃんを探せ!2007」と題して、第三代ミスマリンちゃん候補の募集をスタートした。応募資格は、パチンコ年齢(18歳)以上の女性、専用Web等で応募を告知。期間は6月6日迄。その後、審査を行い、7月31日に最終選考会で決定する。

三洋イメージガールマリンちゃんを探せ!2007

 

2007/05/03

マルハン 長崎初出店

 パチンコホール最大手の(株)マルハン(本社/東京・京都)は3日午後1時、新年度4号目となる佐世保(させぼ)店を新規開店した。長崎県へは初進出、佐世保市日宇町といえば通 信販売業のジャパネット本社が有名、店舗は国道35号線沿いの立地で遊技機888台(パチンコ640台・スロット248台)、駐車場763台収容規模。なおチェーン規模は、全国41都道府県、総数213店。

株式会社マルハン

 

2007/05/02

バルテック「氷川きよし劇場」発表

 (株)バルテック(本社/大阪市北区)は5月2日、東京・千代田区の帝国ホテルにおいてパチスロ新機種「氷川きよし劇場」の記者発表会を開催した。今回から総発売元となった(株)トレード(本社/福岡県福岡市)との共催で開催された発表会には台のモチーフとなった氷川きよしさん自身が登場。台のテストプレイやトークを行った。
 はじめにバルテックの中野社長が「氷川さんの名声に応えるだけの機械をつくらねばならないというプレッシャーがありましたが、我が社の開発の総力と様々な方々からの意見を基に充分納得できる機械に仕上がったと思っております」と述べ、今回から販売体制を一新し、総発売元をトレードにする旨の発表もされた。続き総発売元となったトレードの石塚社長が立ち「バルテックの中野社長より販売の要請を頂いたのが1ヶ月ほど前になります。この機械であれば、現在の業界に一石を投じる事が出来るのではないかと確信し、1日も早い市場投入をしようとこの発表となりました」と語った。
 テストプレイでは実際に氷川きよしさんが特設ステージ上で実機を体験。パチンコはよくやるが、パチスロはあまり経験がないという氷川さんは細かな演出に驚嘆したり、自身をモチーフにしたアニメキャラに感心したりしていた。

株式会社バルテック
株式会社トレード

 

2007/05/02

ヴォイス 廃遊技機の適正処理に警鐘

 夕方18:16分からのニュース番組VOICE(毎日放送)は、3、4の両日「闇の正体・廃棄パチンコ台の闇ルートを暴く」と題して特集記事を放映した。日本国内のみで流通 するパチンコ(パチスロ)台が中国の廃棄物解体市に集まっていくまでをたどり、汚染の現実を伝え環境問題が懸念され、業界の排出者責任もまた問われてくるという内容。今後、6月末までの経過措置による遊技機入れ替えがピークを迎え、取り外される遊技機が最大規模になることが予想される中、業界の適正な回収に警鐘を鳴らすものとなった。

VOICE
5月3日分
5月4日分

 

2007/05/02

大和工業 民事再生

 遊技機メーカーの大和工業株式会社(愛知県名古屋市)は、5月1日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全決定がなされた。同社は、パチンコ遊技機メーカーとして2005年5月に日本遊技機工業組合に加入。2006年には同友会などと連携したチューリップシリーズの発表など、話題を集めた。

大和工業株式会社

 

2007/05/01

AVERE イレブンの総発契約

 アベーレ(株)(東京都千代田区/榎本高文社長)は、4月27日までにパチスロメーカー(株)イレブン(東京都千代田区/根津友幸社長)と総発契約を締結した旨のリリースを発表。近々に新機種発売に向けた記者会見の予定にあると、イレブン社の新機種の特徴を伝えた。特徴(1)紙でできたエコ筐体(2)7万2000色全面 フルカラーLED&フラットスタイルの大型液晶(3)運賃メーカー払いの実現

アベーレ(AVERE)(株)