業界ニュース一覧

最新業界ニュースです。随時更新。

2005年8月  9月  10月  11月  12月  

2006年1月  2月  3月  4月  5月

2006/06/29

商業界「パチンコホール経営革新」創刊

 (株)商業界は、パチンコホール経営専門誌「パチンコホール経営革新」を創刊。同社は日本商業の産業化をけん引してきた出版・教育機関。「パチンコホールの経営と運営の健全化、お客のためになるホール経営の確立」を目指した本号は創刊0号(商業界8月号別 冊)の位置づけ。07年より季刊を予定している。

雑誌名:商業界8月号別冊「パチンコホール経営革新06」(7月29日号)
価格:1890円(本体1800円)雑誌コード[04430-8]
内容:ワイド特集・ギャンブリングから「大衆娯楽」へ(主要団体代表に聞く「これからのパチンコホール」)、総力特集・「大衆娯楽へ」ホールの挑戦は続くエクセレントホール、ホスピタリティ&サービス大研究、優れた人材を育成する、etc。

株式会社商業界

 

2006/06/29

京楽産業「CRぱちんこジョーズ」発表

 京楽産業(株)(本社/名古屋市天白区)は6月29日、都内港区の品川インターシティーホールにおいて、新機種「CRぱちんこジョーズ」の発表展示会を開催した。
 アドベンチャーホラー映画の金字塔「JAWS」をパチンコで再現した同機は「CRぱちんこウルトラセブン」に搭載されたバトルモードを復活採用したのが大きな特徴。巨大ザメと戦い、撃退すればするほどボーナスが継続する。

 京楽産業は、高視聴率が期待されるボクシング亀田興毅 選手(同社がスポンサーを務める)の8月2日タイトルマッチテレビ放送時に新機種のCMを放送すると発表。ホールへの支援と業界全体の発展を目指す姿勢をアピールした。

京楽産業株式会社

 

2006/06/29 エンビズ総研 第2回P能検をCBTで実施

 (株)エンタテインメントビジネス総合研究所(本社/東京都台東区)は6月29日に記者会見を開き、第2回P能検の実施概要を発表した。今回は前回の状況を踏まえ、CBT方式によるテストを実施。実施期間は9月1日から9月30日の1カ月間、会場も全国110カ所以上での選択が可能となる。

株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所

 

2006/06/28

三洋 日本ライフセービング協会とオフィシャルパートナーシップ

 (株)三洋物産(本社/名古屋市千種区)は6月28日、日本ライフセービング協会(小峰力理事長)とオフィシャルパートナーシップを通 じ、三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2006の開催や日本代表選手団の海外派遣等スポーツ部門におけるサポートを行っていくと発表した。

株式会社三洋物産

 

2006/06/28

フィールズ「CR松浦亜弥」発表展示会開催で本人登場

 フィールズ(株)(本社/東京都渋谷区)は6月28日、都内港区のホテルにおいて(株)ビスティー社製のパチンコ新機種「CR松浦亜弥」の発表展示会を開催。トップアイドルの松浦さん本人が登場し、会場は多くの報道陣とホール関係者で埋め尽くされた。松浦さんは「オリジナルの撮り下ろし映像もあるので、ぜひ楽しんでください」とアピールした。
 同機は松浦さんが宇宙を舞台に活躍する内容。大ヒット曲のプロモーションビデオが丸ごと7曲使われており、豪華な内容。新しいユーザーの獲得も期待されている。シリーズは1/397.2(確変突入率63%)と1/344.9(同61%)の2タイプが用意されている。

フィールズ株式会社

 

2006/06/28

ニューギン「チューリップ8」発表

 (株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は6月28日、新機種「チューリップ8」の発表に伴い、全国各地のショールームで内覧会を開催した。センター役物は、プレイヤーを魅了する「クルーンゲート」と予測不能な玉 の動きを実現した「剣山回転スロープ」のハラハラドキドキ2段階構造。センター役物下部に入賞すると、左右下のチューリップが開放され、役物左右入賞で左右それぞれのチューリップが開放される。また、役物入賞で、「東京ブギウギ」「銀座カンカン娘」など、昭和の大ヒット歌謡がランダムで流れるという、ファンを飽きさない演出も盛り込まれている。

株式会社ニューギン

 

2006/06/28

高尾「CR大ピラミッ伝」発表

 (株)高尾(本社/名古屋市中川区)は6月28日、新機種「CR大ピラミッ伝」の発表に伴い、全国各地のショールームで内覧会を開催した。1993年発表の「ピラミッドX」から始まり、1998年発表の「ピラミッドの謎」、そして2001年発表の「ピラミッ伝」と同社の誇る伝統の「ピラミッドシリーズ」の新作が登場!ポイントは変動開始直後の予告によって異なるリーチパターンやスーパーピラミッドリーチ!その機能をさらに充実させた「ハイパーピラミッドリーチ」はピラミッドファンにはたまらない演出だ!押せば必ず時短回数がUPする灼熱の「補給チャンス」搭載。アタックボタン連打で時短回数を増やせ!また、100回終わったと思っても、無限時短に突入する可能性があるので、最後まであきらめられない!

株式会社高尾

 

2006/06/27

奥村遊機「こぶ茶バンド地球防衛隊編」発表

 奥村遊機(株)(本社/名古屋市昭和区)は6月27日、赤坂プリンスホテル(都内港区)において新機種「こぶ茶バンド地球防衛隊編」の発表展示会を開催した。同機のモチーフである"こぶ茶バンド"メンバーの仲本工事さん、加藤茶さん、高木ブーさんが展示会場に登場。来場者と早口言葉などをして新機種をPR。同社が2004年に発表した「加トちゃん・こぶ茶バンド編」に続く第二弾となる本作は、オリジナル実写 映像を多数収録、なつかしいコントが画面狭しと繰り広げられる。液晶内の「ボケ」に連動する「大型可動役物ツッコミメーター」を搭載、エンターテイメントな笑いを満載している。1/397から1/89.67までの3タイプと、確率1/79.25の現金機をラインナップ。同社の全国各拠点では28日より展示スタート。

奥村遊機株式会社

 

2006/06/26

ダイナム・決算 売上1兆1832億円

 (株)ダイナム(佐藤公平社長・本社/東京都荒川区)は16日付で、同社Web上から平成18年3月期(個別 )決算を発表。売上高1兆1832億900万円(前年比10.1%UP)、経常利益130億5300万円(同8.2%DOWN)、当期純利益52億9100万円(同3.5%DOWN)。平成18年3月末でのチェーン数は272店舗(44都道府県)、遊技機は12万8221台、社員数8573名(正社員3727名・パート4846名)。減益について主なものとして、経過措置への早期対応を実施。パチスロ4号機1万4294台を先行して解約・除却、代替機の費用負担(売上原価)として19億2500万円を計上。また、不採算店舗の整理などとして、燕・上越・藤野・綾瀬西口・名取・釧路宝町6店舗について15億6500万円を特別 損失。平成16年10月から全店を対象にして「遊べるコーナー」設置を積極的に展開。「中・低玉 価機械(比較的低額で遊技可能な機械)」の取組みは、18年3月末で設置比率28.5%に拡大。創業40周年という節目の時を迎えた中、今期は新規35店舗を予定した307店舗で、売上高1兆3920億円、経常利益132億円、当期純利益70億円、を掲げていく。

株式会社ダイナム

 

2006/06/23

リム 事業再生スキームを発表

 (株)リム総合研究所は、ホール企業活性再生事業の新体制を発表した。事業再生実務では定評のある(株)セントラル総合研究所、(株)トス、(株)ロックスと提携、ホール企業に特化した事業再生スキームとして発表。今回のスキームはリムが窓口となりパチンコホール企業の事業再生要望に対し、ホール企業の立場に立って、総合的な再生計画を提案していくという。

株式会社リム総合研究所
株式会社セントラル総合研究所

 

2006/06/22

HERO'S 桜庭選手参戦決定

 サミー(株)が特別協賛を務める格闘技イベント、「Sammy Presents HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝」に関する記者会見が6月22日、お台場の東京ジョイポリスで行われた。会見には桜庭和志選手(フリー)や秋山成勲選手(フリー)、前田日明スーパーバイザーらが出席。桜庭選手の正式出場が発表された。

大会概要
8月5日 16時試合開始 場所: 有明コロシアム
出場予定選手:桜庭和志、秋山成勲、ホドリゴ・グレイシー、カーロス・ニュートン、大山峻護 ほか

HERO'Sオフィシャルサイト

サミー株式会社

2006/06/21

平和「CR探偵物語」発表

 (株)平和(本社/群馬県桐生市)は6月21日、新機種『CR探偵物語』シリーズの発表に伴い、全国のショールームにおいて展示会を開催した。1970年代から80年代にかけて、日本のテレビ、映画さらにはハリウッド映画においても、圧倒的な存在感を見せつけた伝説の俳優「松田優作」。その作品の中でも最高傑作の呼び声高い「探偵物語」が時を越え、パチンコファンを魅了、新たなドラマが始まる。「俺だよ!工藤」の声が流れ、強烈なインパクトを与える優作フィギュアがタバコに火をつける演出は、フィギュアと液晶の絶妙な連動によって実現。突如訪れる期待度抜群の「工藤チャンス」は、優作ムービーと共に突入する。

株式会社平和

 

2006/06/21

全日遊連 4副理事長を内定

 全日本遊技事業協同組合連合会(山田茂則理事長)は、みなし遊技機取締り開始期日である21日、臨時全国理事会を開催。理事長選挙の影響を打ち消し、総親和の中での組織運営を掲げて約3週間が経過した山田体制、執行部体制では、今少し時間を要する模様。51組合を構成する単組合は1104組合あるとして、山田理事長は、意思統一の取れた組織運営にコミュニケーション手段の拡充にも努めていきたい考えだ。
  議事では5名の副理事長人事について、4名(敬称略)を内定した。
平川正寿(神奈川)
平林米司(愛知)
段 為梁(大阪)
玉川政一(鳥取)
残る1名は7月20日に予定。

  委員会(敬称略)では
<総務>委員長・前園善彦(宮崎)、副委員長・青松英和(長野)
<経営>委員長・池田仁志(広島)、副理事長・平川容志(大阪)
<事業>委員長・松田次雄(岡山)、副委員長・儀武息一(沖縄)
<機械対策>委員長・井上静夫(山形)、副委員長・加藤英彦(福井)、金本正浩(福岡)
<財務>委員長・田中亀雄(旭川)、副委員長・梁川康成(山口)


全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

 

2006/06/21

RSN 依存相談212件

 全日遊連は、6月21日臨時全国理事会の席上、支援している依存症相談機関の「リカバリーサポート・ネットワーク」(RSN)の相談状況について公表した。相談スタートの4月19日には8都府県16件、4〜5月の間では、32都道府県212件。うち、本人59件、家族関係者138件、その他15件。今後、相談窓口啓発用ポスターをホール店舗に掲示励行していく。

リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)

 

2006/06/21

同友会 低射幸機「チューリップ」不適合

 日本遊技産業経営者同友会(吉川篤会長)は6月21日、文京区のホテルにおいて6月度拡大理事会を開催。理事会終了後に会見を行った。その中で、同友会が中心となって開発を行ってきた低射幸遊技機「優良品シリーズ」の第1弾、「チューリップ物語(仮)」について、開発元の(株)大和工業と会談を行い、正式に不適合となったことを伝えられたと発表した。原因は書類誤記とチューリップ開放時間の超過。現在は修正を行い、再申請中。7月中の適合を目指す。

日本遊技産業経営者同友会

 

2006/06/20

バルテック/AVERE
パチスロ新機種「パチスロじゃりン子チエ」発表

 (株)バルテック(本社/大阪市北区)とバルテック総発売元であるAVERE(株)(本社/東京都千代田区)は6月20日、東京国際フォーラムにおいて新機種『パチスロじゃりン子チエ』の記者発表会を開催した。
 (株)バルテックの中野社長は「遊技機の射幸性抑制という行政からの指導もあり、分かりやすくて面 白く、安い遊技機を作る事、また不正改造されにくい遊技機製造を要望されている中、そのような流れで出来た機械」と述べた。 続いてAVERE(株)の榎本社長が「4月よりバルテック社製品の総発売元となり、遊技機のプロモーションにおいても協同歩調を取り、今後とも共同し、試行錯誤して良い機械を出していきたい」と意気込みを語った。
 同機種は、4種のボーナスで構成され、うち3種はボーナス終了後にRTが発生。ボーナス→RT→ボーナス…のループが最大の魅力となる。リプレイを含む全ての小役でボーナスの同時抽選を行っているため、RT中の演出も要チェック。

株式会社バルテック
アベーレ株式会社

 

2006/06/20

サンセイ「DAWN of the FANTASY CR PACHI QUE」発表

 (株)サンセイアールアンドディ(本社/名古屋市中区)は6月20日から3日間、『DAWN of the FANTASY CR PACHI QUE』シリーズの発表に伴い、全国のショールームにおいて展示会を開催した。郡を抜いて人気があるジャンル「RPG(ロールプレイングゲーム)」と「パチンコ」が高次元で融合した同機種は、RPGの醍醐味であるレベルアップによる勝率アップシステムを搭載。大当たり期待度が約3倍アップするバスターミッションでは、レベルが高いほどミッションクリア率もアップするゲーム性になっている。確変中は、魔王との死闘が続く限り確変も継続。超美麗映像がラウンド中を熱く盛り上げ、大当たり10回以上継続で感動のエンディングだ。

株式会社サンセイアールアンドディ

 

2006/06/20

豊丸産業 一般ファンを招待して新機種試打会イベントを開催

 豊丸産業(株)(本社/名古屋市中村区)は6月20日、都内台東区の中華料亭翠鳳(すいほう)において、新機種「CRやすしきよし」の一般 試打会を開催した。ホームページやスポーツ新聞紙面で募集を行い、抽選で選ばれた約360人が来場。ホール導入前の新機種を試打、凝ったリーチ演出などに興奮した様子だった。また試打後には携帯ゲーム機などが当たる抽選会も行われた。試打を行ったファンの一人は「液晶画面 が大きくて、映像がすごく綺麗だと思った。導入されればぜひ打ちにいきたい」と感想を語ってくれた。
  さらに21日には、業界企業が集まる台東区東上野において、やすしきよしに扮した100名のエキストラ(ブルーのジャケットに赤いネクタイ、白いスラックスにメガネの出で立ちの集団が「怒るでしかし」や「小さなことからコツコツと」を連呼)が上野界隈を行進して発売をアピール。その後、渋谷へも遠征し、街中の注目を集めた。

豊丸産業株式会社

 

2006/06/20

警察庁・講話 ハードクラッシュかソフトランディングか

 20日までに日遊協は、6月8日通常総会の際の行政講話内容を公表した。

警察庁生活環境課 井口斉課長講話(要旨)
(平成18年6月8日日遊協第17回通常総会)

 いま、業界は大変な時期を迎えています。そうした中で、皆さん方が業界の健全化に努力されていることに対して、まずもってお礼を申し上げます。
 せっかくの機会ですので、本日が、5つの話のかたまりという形でお話させていただきます。

 1つ目は、現在、業界は、非常に大きな変革の流れの中にあるということです。しかも、この流れの方向性ははっきり見えており、決して逆流することはない、止まることはない、ということです。この流れは、来年の夏にひとつの節目を迎えます。すなわち、改正された規則の3年間の移行措置期間がそこで終わるということです。  こうした中、私共警察としては、新基準機への入れ替えの促進と不正改造の防止を2つの柱として押し進めているところです。
 新基準機への入れ替えに関しては昨年9月から認定・検定切れの確認作業を進めてきました。来年からは、具体的な取締りの段階に進んでいます。またみなし機については、この6月21日から取り締まりをスタートさせることになっています。その結果 として、来年の7月以降は「適度な射幸性の遊技機」というものが実現できるであろうと期待しています。
 不正改造の防止については、一生懸命取締りの強化に努めているところです。本年5月までの集計では、全国で12店舗が"裏モノ"を使っていたり、"遠隔"を行っていたなどとして、摘発を受けています。不正改造については、ルール違反は許さない、正直者が損をするようなことがあってはならない、という立場で徹底的な取締りを行って行こうと思っています。業界でも、近く遊技産業健全化推進機構を立ち上げ、立入検査等を行っていくと理解しています。大変結構なことですし、大いにその結果 に期待しています。
 この他、私共では、本年から機会あるごとに、お客さんに提供する賞品の取りそろえの充実ということを、お話ししています。これは、法律にそうあるからというだけではありません。適度な射幸性への抑制とあいまって、結果 として、換金需要が低下するということが狙いです。むろん、この場合、お客さまに提供した賞品の営業者自身による買い取りや、偽ブランド品を提供するなどの不法行為があってはならないというのが大前提です。
 以上、冒頭申し上げた大きな流れの中で、警察としてどのような取組みを行っているかということを整理して申し上げました。

 2つ目は、以上のような取り組みが何を目標としているか、ということです。それは単純です。ぱちんこを「健全な大衆娯楽」といわれるものにしよう、ということです。ということは、裏を返せば現状がそうなっていないからです。これは、私共警察がそう見ているというよりも、国民の側からそういう評価があるということです。
 私はある別の団体の会合で、この問題は、「治安の問題」であるのだ、というお話をしました。高い射幸性がのめり込みを生む。その結果 、仕事をサボり、学業をなまけ、子育てをサボる。借金まみれになり、あげくは泥棒、強盗を働く。
 また、巷間、業界は脱税の代表業種といわれています。暴力団との黒い噂を口にする人もいます。
 また、最近、カジノ解禁問題が盛んに議論されるようになりましたが、カジノ関連業種として、競輪、競馬の並びでぱちんこが同列に論じられている場合があります。

 そのイメージのままでいいはずがない、何とかしましょう、というのが3つ目の話です。
 私たち警察としては、ぱちんこが健全な娯楽であるとして風俗営業の許可を出しています。ぱちんこが健全な大衆娯楽であり、その健全育成を図るというのが法律の考え方です。それだけに、世の中から先のような言われ方をするというのは私共も大変辛いのです。いや、皆さんも辛いはずです。経営者も辛い、従業員もその家族も辛いと思います。仕事のやりがいと生きがいにも関わることです。
 今回の規則改正は、そうした現状を変える大きなチャンスです。しかし、ルールを変えたからといってすべてがうまく行くわけではありません。規則改正は、キッカケにすぎません。所詮、規則は最低限のルールです。相撲にも、いろいろ決められたルールがありますが、土俵の中でどのような相撲をとるのかは、ひとりひとりの力士の裁量 です。同様に、規則の中で、健全化にどう取り組むかというのは、ひとりひとりの営業者の皆さんの姿勢に任されています。別 の表現をすれば、皆さんひとりひとりの「志」にかかっていると思います。どうか、規則が改正されたからといって、規則さえクリアすればいいという姿勢で、この問題に取り組まないで欲しいと思います。

 4つ目の話です。では、どうやったらいいのか。それは簡単です。自分たちの仕事、生業、本業が、本当に社会に貢献しているものであればいいということです。自分の仕事がそのようにキチンと世間から評価されるものであればいいわけです。具体的には、射幸性を武器にした少数のヘビーファンを対象にした業態から、"面 白さ"を武器に、多くのライトファンを対象にした、健全な時間消費型の産業へ変わることです。このような理解について、私共と皆さんの間でもはやそう大きな違いはないと思います。総論は終わりました。あとは各論で、いかにしてそうなるかが問題です。新しいビジネスモデルをどう作っていくのか。ハードクラッシュかソフトランディングか。
 さまざまな議論はありますが、正直申し上げて私たち警察にそのノウハウはありません。この部分はもう皆さんの方が専門家です。いろんなお金の計算もできるはずです。そうした試行錯誤の期間として、3年間の移行期間というものを設けました。この間に、大いに皆さんに試行錯誤をやって欲しいと思います。

 最後に、まとめとして、日遊協の皆さんの活動に対する期待を表明しておきたいと思います。日遊協は、ホールだけでなく、いろいろな業界の人が集まっている、唯一の相談的組織です。ですから、単に規則を守っていくのではなく、新しい業態を創っていく、新しいビジネスモデルを創っていく上で、非常に大きな役割が果 たせるものと思います。

 先程の第17回通常総会での決議には、「射幸性を大幅に抑えた業態への転換」「ホール等を蝕む不正の根絶」や「真の大衆娯楽」の実現がうたわれています。「ゲーム性豊かで、遊技客がそれぞれのポケットマネーの範囲で十分楽しめる、多様な遊技機の創出とホールへの早期導入」「遊技産業健全化推進機構」の立ち上げなども盛り込まれています。私たちの考える方向性、ベクトルとピッタリ合っています。唯一付け加えるとすれば、しかし、「時間はそれほど残ってはいませんよ」ということです。3年の移行期間も残すところ、あと1年余です。少なくとも来年中には、幅広い国民各層から「ぱちんこ業界は変わりましたね」とプラスの意味で言われるようになってほしい、また、そうならねばならないと思います。

警察庁

 

2006/06/19

SNKプレイモア パチスロ新機種「花盛」発表

 (株)SNKプレイモア(本社/大阪府吹田市)は6月19日、都内港区の赤坂プリンスホテルにおいてパチスロ新機種「花盛」(型式名、エスエヌケイPK)を発表、プレス発表会を開催した。 挨拶に立った外山社長は、残り1年となった移行期間について「まだ4号機中心の営業が続いているが、1年後に一気に5号機の導入が行われるとなれば大きな混乱がおきるのは必至。早急な営業転換を図る必要があると考えている。当社としては、継続的に5号機を発表、発売し、さらには好評のホールサポートプランのようなものを行い、市場導入のお手伝いができればと思っている」と語った。発表された「花盛」は、2種類のビッグボーナスとプレイヤーが色々な打ち方で出玉 を楽しめるチャレンジボーナス、BB後に突入する50ゲームのリプレイタイム「さくらタイム」が特徴。昔話のはなさかじいさんをモチーフに、親しみのもてる可愛いキャラクターが活躍する。

株式会社SNKプレイモア

 

2006/06/16

京楽産業 予告テレビCM(JAWS)スタート

 京楽産業(株)(本社/名古屋市天白区)は6月16日、今夏発売に向けたビッグタイトルの予告テレビCMをスタートさせた。スティーブン・スピルバーク監督によるパニック・ホラームービーの金字塔「ジョーズ」をモチーフにしたパチンコ新機種「ぱちんこ ジョーズ」。スペック、役モノ、液晶演出…。その全てがこれまでのユーザーの概念を飲み込むモンスターマシンとして予感させている。その全貌は、間もなく展示会でベールを脱ぐという。

京楽産業株式会社

 

2006/06/16

21世紀会 健全化機構設立は8月目処へ

 パチンコ・パチスロ産業21世紀会(代表・山田茂則/全日遊連理事長)は、不正機の恒常的抑止を目的とした第三者性を有した遊技産業健全化推進機構の設立につとめている。その進捗状況について16日午後2時から遊技会館(都内市ヶ谷)において「有限責任中間法人遊技産業健全化推進機構」設立についてと題して業界誌を集めた。
  説明に立った平川正寿委員長(不正防止対策特別委員会)は、平成17年2月からの協議検討段階から、業界各団体との連携へと取組みが着実に進展、現在大詰めにあることを正式報告した。設立は8月中旬を目標として最終段階にある。6月1日の21世紀会では理事候補の河上和雄氏(代表理事候補)と伏見勝氏(元読売新聞記者、元報知新聞最高顧問、専務理事候補)が出席した。なお、不正対策(不正監視)という性格上、組織構成員等、公表できる事項が現段階でもほとんどない状況。
【名称】有限責任中間法人 遊技産業健全化推進機構Wholesome Pachinko and Pachislot industry Organization(略称:WPPO)
【編成】役員は代表理事1名、副代表2名、専務理事1名、監事2名 (遊技産業従事者を半数以下の4名とすることで第三者性を確保する)
【骨子】 (1)恒常的(随時・無通知)な立ち入り検査体制 (2)第三者性の確保 (3)誓約書の提出 (4)財源は機械売買時にメーカー・販社とホールそれぞれが新台100円、中古50円(メーカーの代理徴収)

 

2006/06/14

エンビズ総研がマイケル氏にパチンコ指南

 5月後半に電撃来日した米歌手マイケル・ジャクソン氏(47)。5月29日渋谷マルハンパチンコタワーへ来店したニュースがメディアを賑わしたところ。この経緯について、13日までに業界シンクタンクのエンタテインメントビジネス総合研究所は、エピソードを公表した。それによると、マイケル氏は、5月27日音楽賞の授賞式出席のため来日。パチンコビジネスに関心があるということで、藤田宏社長(エンビズ総研)がレクチャー役を担当。その際に、実際にパチンコ店に行きたいという希望をかなえるため、29日渋谷店に案内。閉店後だったが、突然の訪問だったため、騒ぎ(ニュース)になったということのようだ。エンビス総研によると、マイケル氏は、遊技機の開発、パチンコ店のプロモーションに大いに興味を抱いているとのことだ。藤田社長は、日本独自の文化(ゲーム)と説明。マイケル氏は、大衆に親しまれるパチンコの発展に協力を惜しまないとメッセージ。

株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所

 

2006/06/13

ニューギン「CR新大江戸日記」発表

 (株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は6月13日、新機種「CR新大江戸日記」の発表に伴い、全国各地のショールームで内覧会を開催した。前作「大江戸日記」で好評であった昼夜逆転演出が回転アクションを引っ提げパワーアップして帰ってきた!360度、無限に回転する驚愕の回転液晶と美麗3DCGキャラクターが生み出すド派手な演出はプレイヤーを唸らせる!想定外の高突入率1/150&期待度を兼ね揃えた高確チャンス「月夜モード」は三日月→半月→満月→赤月と期待感が高まり、赤月モードは大当たり間近の激アツゾーンとなっている。

株式会社ニューギン

 

2006/06/12

ゲームカード ケータイで遊技ができる新製品発表

 4月に上場した日本ゲームカード(株)(本社/東京都渋谷区・証券コード6261)は、12日都内のホテルにおいて「携帯でパチンコ」ができる新製品を発表した。これは「Luterna」(ルテルナ)シリーズの電子マネー対応ユニット・メダル貸機で、既に発売となっている「イーモン(e-mon)」対応カード販売機では、「おサイフケータイ(NTTドコモ)」を使ってプリペイドICカードが買えるというものであったが、今回はさらに利便性を発揮できるよう、遊技機(台間玉 貸機ルテルナシリーズ)から直接、おサイフケータイを利用して玉やメダルの貸し出しサービスが受けられる次世代システムとなった。
  主な特徴として、
(1)貸玉(メダル)1回1000円分・限度額3万円
(2)一般客用に現金(紙幣4券種)、ICカード、ICコインにも対応。カード、コインは残高精算OK
(3)グループ店共通機能
(4)貸玉単価変更機能
(5)紛失カード検索機能  などがある。  
6月中旬より発売を予定している。

日本ゲームカード株式会社

 

2006/06/08

日遊協 論文・作文コンクール 最優秀賞に長谷川知子さん

 第5回パチンコ・パチスロ論文・作文コンクールの受賞者発表・表彰式は8日、日遊協総会懇親会の場で行われ、入賞作品26編が発表となった。四方洋委員長が総評をおこなう中、最優秀賞の「駐車場見回る店員さんに感激」長谷川知子さん(愛知県)らを表彰した。   優秀賞・「父のフィーバースマイル」(樫原歳譜氏・一般)、「時差ボケ解消にパチンコ」(加藤雅代氏・一般 )、「業界ぐるみで"パチンコ"を育てよう」(前田弘政氏・業界)、「業界のイメージアップと業界人の意識」(神谷潤氏・業界)。

社団法人日本遊技関連事業協会 (日遊協)

 

2006/06/08

ダイコク電機
6月12日皮切り、セミナー「遊技機の新トレンドを極める」

 ダイコク電機(株)は、6月12・13日東京会場を皮切りとして、DKセミナー「遊技機の『新トレンド』を極める!!」を全国12会場で開催する。SISが誇る2人の匠が業績向上の核心に迫る。飯田康晴講師は「今までの常識は通 用しない!これが遊技機選択の新常識」として、客層開拓につなげるテーマ。もう一題「DK-SISが導く新遊技機活用術」を予定している。
  経過措置残り1年となり、パチスロ5号機時代本格化に向けて、ホール経営は新たな1年を迎えている。そうした中、ホール経営は経営&情報資源を駆使することが課題。SIS NEWコンテンツ活用を通じ提案していく。 日程:名古屋(6月16日)、東京(6月12・13日)、福岡(6月27日)、大阪(6月23日)など。問い合わせはダイコク電機まで。

ダイコク電機株式会社

 

2006/06/08

SANKYO 新機種『CRフィーバー電車でGO!2』発表

(株)SANKYO(本社/群馬県桐生市)は6月8日、新機種「CRフィーバー電車でGO!2」シリーズの発表に伴い、全国各地のショールームで内覧会を開催した。
 前作「CRフィーバー電車でGO!SP」の後継機となる今回の機種はルミナ枠に新色「レモンイエロー」を加えての登場。盤面 の至る所に散りばめられた役物は「電車&遮断機」「警報機」「路線ランプ」「三共線」「行き先案内板」と、その斬新さに見る者を圧倒する。勿論演出の至る所で使用され、中には悶絶必至の激アツ役物演出もある。 ボーナス中や、演出に使用される曲は勿論“TRAIN系サウンド”である。「TRAIN-TRAIN」「Choo Choo TRAIN」に加え、同社オリジナルサウンド「電車で電車でGO!GO!GO!」も用意。ゲーム性を盛り上げる2大モード「ハイパースゴロクモード」「鉄ちゃんモード」も必見。

株式会社SANKYO

 

2006/06/06

JPS/トレード パチスロ新機種『新造人間キャシャーン』発表

 パチスロ機『新造人間キャシャーン』(総発売元/ジェイピーエス)の発表に伴い、トレード(本社/福岡市博多区)は6月6日、ホテルニューオオタニ東京においてプレス発表会並びに展示会を開催した。
  TVアニメ史に残る名作をパチスロとして再現した同機種は、インタラクティブAT&RTに加え、4種のボーナスを搭載。その豊富なゲーム性は見所満載となっている。 ATは小役ナビ発生率の異なる3ステージが存在し、通常時のミニゲームの成績によって、選択されるステージが異なるシステムだ。スイカ当選の2分の1で高確率モードとなり、同モード滞在時はミニゲーム発動率が大幅アップ!平均315枚獲得のスーパーBBにはRT333ゲームが、平均60枚獲得のスーパーRBにはRT777ゲームがセットとなっている他、BB中のミッションに成功すると、次回ボーナスまで続く『スーパーAT』が発動するなど、あらゆる瞬間に無限の可能性が秘められている。

株式会社ジェイピーエス

 

2006/06/06

P-ARK 1円パチンコスタート

 ピーアークホールディングス(株)は、6並びとなる6日午後6時からチェーンのひとつであるP-ARK三田店(都内港区芝5-22-5)で貸玉 料金1円での部分営業を開始した。 時間消費型レジャーの新業態への試みであり、地下1階のパチンココーナー90台が対象。業界挙げて取り組んでいる「手軽で安く遊べるパチンコ」指針のモデルケースとして率先した取り組みとなった。
  同店は、パチスロは2階(175台)、少ない予算でパチンコを遊ぶなら地下、そこそこ景品も持ち帰るなら1F(172台)というフロア構成でスタート。今後の稼動状況にも関心が集まっている。P-ARKは首都圏に36店舗を展開するが、昨年より遊べる(低射幸性)遊技機取り揃えによる「えんぱちコーナー」を試運転していた。今回の1円1玉 制は、200円200玉からという気軽に遊べる遊技に好感を抱かせる取り組みなっている。貸玉 システムはマースエンジニアリング製のカードシステムを採用。貯玉 &再プレイシステムにも対応。またホール各フロアは1枚のカードで利用できるようになっている。1円パチンコフロアはゴールド玉 で色分け、計数の際はピンクレシートで識別できる。

ピーアークホールディングス株式会社(P-ARK)

 

2006/06/02

西陣「CRジャッキー・チェン」発表

 (株)西陣(本社/東京都千代田区)は6月2日、「CRジャッキー・チェン」の新機種発表会を開催した。沖真人代表取締役は、新機種三部作(春夏秋冬・花満開煌)の3弾として、完全オリジナル実写 版の完成度を強調。タイアップへの熱烈レターにより、本人から快諾を得て、納得のいく仕上がりとなったようだ。会場ではジャッキー本人からのビデオレターが放映されるなか、クレアさんの透明感溢れる歌声が披露された。また、社会貢献の一環とした地雷撲滅チャリティ切手に協賛、6月21日より予約受付が開始されると発表した。各拠点での内覧会は6月5日から。

株式会社西陣

 

2006/06/01

サミー ルネッサンスプロジェクトを発表

 サミー(株)(本社/東京都豊島区)の片本社長 は、1日ファンの呼び戻し・新規開拓を大優先とした「ルネッサンスプロジェクト」の調査結果 を発表した。これは声なき大衆の声(考え)を引き出し、パチンコをしない人々の意見や考 えを積極的に取り入れ、業界に反映させていくことで、パチン コ・パチスロファンの裾野拡大を目指していくプロジェクト。2010 年3月までに2500万人のファン拡大を打ち出していく取り 組み。
  今回グループの総力を挙げてアンケートを実施。1月か ら3月の間に約5万サンプルを抽出して、休眠中・パチンコをしないファンの意見をまとめた。
 
主要な特徴として
(1)減少しているのはパチンコファン。
(2)30〜40代のホール離れが目立つ。
(3)18〜22才の若者層のパチンコ・パチスロ減少。
(4)主要都市よりも地方の減少、郊外よりも駅前立地のファン減   少。

などを発表。この調査結果は約8000ページもおよぶ資料となった。今回の調査を踏まえて、今後「心から楽しめる遊べる遊技機提供」の実現に向け、サミーとしてできる対応はもとより、業界挙げた取り組みの呼びかけなど、積極的に進めていく。同社では、トリプルC(チャレンジ・チェンジ・クリエー ション)の実践を通して、業界再生への理解と協力を呼びかけ た。(詳細6月号)

サミー株式会社

 

2006/06/01

藤商事 CRサンダーバードIII発表 発表会開催

 (株)藤商事(本社/大阪市中央区)は6月1日、東京ドームホテルにおいてパチンコ「CRサンダーバードIII」の発表をおこなった 。レディ・ぺネロープにふんした眞鍋かをりさんが登場して、 新機種の魅力を伝えた。ホール導入は7月2日を予定。人気SF人形劇サンダーバードの生誕40周年を記念して、シリーズ第3弾めの発進!大当りに向けてサンダーボーナスステージとして3種類のモードを搭載。なお、CMは5月29日からオン エア中。

株式会社藤商事

 

2006/06/01

P-ARK グループ連結決算・売上1585億円

 ピーアークホールディングス(株)は6月1日、社内報を通じて2005年度(連結)決算を発表。売上高1584億9600万円(前年比103%)、売上総利益205億1000万円(同104%)、営業利益26億200万円(同82%)、当期純利益13億7500万円(同88%)。その決算概要に合わせて、株式上場申請について「各種メディアでその後の経緯が思惑的に報道されておりますが、当社は本日(5月25日)現在、この件の正式な通 知・連絡等をジャスダック証券取引所から受けておりません。したがって、正式受理をいただいた上場申請の審査が継続されていると判断し、この件についてはコメントできる立場に残念ながら現在もないと考えております。(中略)自信をもって主幹事を引き受けての上場申請でもあり、正式に何らかの通 知なり連絡があり次第、当社としてのコメントをリリースいたしたく考えております」と記している。

ピーアークホールディングス株式会社(P-ARK)