業界ニュース一覧

最新業界ニュースです。随時更新。

2005年8月  9月  10月  11月  12月  2006年1月  2月

2006/02/28

P-ARK 「遊びの民主主義」確立のため

 (株)ピーアーク(庄司正英社長)は、上場申請の記事(日経新聞12月30日号)について、同社社内報・ピーシス(8号)を通 じて、その後の報告をおこなった。それによると「上場申請やその審査に関して我々はその内容を言及する立場に無く、あくまで主幹事証券を通 じた対応のみに限られています。」として、株式上場を目指した経営を継続して着実に推進していることを伝えた。巻頭での木村剛社長((株)フィナンシャル)との対談では、「木村>上場に一番ネックになっているのが、景品問題とクギ問題だと聞いていますが」に庄司氏は整合性のある同社(業界)の現状を説明している。遊技客にとって「株式上場って意味あるの?」の議論を通 じて、社会認知のひとつ(資本市場での評価)として、経済行為が有益な産業として認知される意義を通 じて、まさに「お客様にとっての『遊びの民主主義』を確立すること」につながっていくと特筆している。

ピーアーク

2006/02/24

ニューギン「CRコント55号」発表

 (株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は2月24日、新機種「CRコント55号」シリーズの発表に伴い、全国各地のショールームで展示会を開催した。
 結成40周年を迎える欽ちゃん、二郎ちゃんのコンビ「コント55号」が遂に登場。迫力の大画面 に加え、動いたり笑ったりとドタバタ動けば動くほど期待が高まる大型の欽ちゃん、二郎ちゃんフィギュアを搭載し、更に両氏の音声を再収録して使用した。大当たり目前の超激アツモード「なんでそうなるの?モード」はチャンス目停止後、テレビ演出から突入。演出を盛り上げる予告は、合図が出たらセンサーをタッチするプレイヤー参加型予告「タッチ55号」や、各ステージによって演出が異なる「ステップアップ予告」等がラインナップする。どちらもコント55号の顔キャラのアクションによって期待度が変化するので見逃すな!

株式会社ニューギン

2006/02/23

アルゼ ホールディングス移行を発表

 アルゼ(株)(岡田和生会長兼社長)は、2月23日の取締役会において10月1日より持株 会社体制に移行することを決定した。定時株主総会(6月予定)での承認を条件として、 詳細は順次発表していく。持ち株会社名は「アルゼ・ホールディングス」(仮称)を予 定している。

アルゼ株式会社

2006/02/22

PCSA ダイナムに対し「厳重注意&自粛」措置

 有限責任中間法人パチンコチェーンストア協会(略称:PCSA・山田孝志代表理事)は21日都内で第4期第3回臨時社員総会を開催。会員企業のひとつダイナム社から「(株)三井景品事件」による営業停止の行政処分について報告を17日に受けていた。事態を重くみたPCSAは、総会において「定款第11条委員会規定」(案)を決議、これは、賞罰委員会を設置できるようにしたもの。これを受け、総会後の午後1時30分(株)ダイナム社の件について、第1回賞罰委員会を開催。山田代表より審議結果 が発表。「ダイナムに対し『厳重注意』の上、当分の間『会員活動の自粛』」を公表。

 この措置を受け、佐藤洋治会長(ダイナム)が来場。PCSA活動に多大の迷惑をかけたと深謝。「このたび北海道の1店舗が10日間の行政処分を受けた事実を厳粛に受け止めている。大変多くの方々にご迷惑をおかけしてしまった。行政のご指導がなければさらに大きな間違いを犯すところだった。業界の皆様、消費者の方々にも大変ご迷惑をおかけしたこと、本当に申し訳ございませんでした。全社を挙げて再発防止、内部管理体制の徹底に努めていきたい。本当に申し訳ございません。」と深く頭を下げた。  
  なおPCSAでは、同社に対し再発防止への時間づくりの意を含め「原因究明、再発防止に取り組み、その改善ができたことを委員会に報告してもらった上で、委員会で精査、判断する」として当分の間の会員活動の自粛を申し渡した。

 総会後の経営勉強会では、コンプライアンスの権威者である、高巌教授(麗澤大学国際経済大学)を講師に招き「パチンコホール会社に求められる『誠実』さ」を開講。高教授は「企業に完全無欠はない。不測の事態が発生するものだが、そのことを隠蔽せず『誠実』対処することが重要。その中で社会に信頼されるようつとめていくこと」と、法令遵守への厳正さがさらに問われている業界環境の中、PCSAへの取り組みを再確認した。

 

有限責任中間法人パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)
株式会社ダイナム

2006/02/20

藤商事 「CRゲゲゲの鬼太郎3」発表

 (株)藤商事(本社/大阪市中央区)は2月20日、赤坂プリンスホテルにおいて「CRゲゲゲの鬼太郎3」シリーズの新機種発表会を開催した。同機はパチンコ業界初のスロット的演出を融合させた「ゲゲゲのボーナス劇場」を搭載。これは「妖怪列車ボーナス+妖怪列車モード(継続率50%)」「決戦ボーナス+決戦ボーナスモード(84%)」「超決戦ボーナス+ゲゲゲのループ95モード(95%)」といった3構成から成り立ち、次のボーナス獲得に向けて継続期待感が大幅アップするというもので、スロッターも驚愕のモード演出となっている。

株式会社藤商事

2006/02/20

京楽 冬ソナ一色で先行オープン

 京楽産業(株)(本社/名古屋市天白区)は、20日正午から複合商業施設「サンシャイン栄」のサンシャインKYORAKU栄店において、今月2日に発表した「ぱちんこ冬のソナタ」120台を先行導入、同施設の1周年記念イベントのひとつとして、パチンコ台3分の1が[冬ソナ]一色にして話題を集めた。当日は小雨模様の中だったが、早朝より長蛇の列ができファンが詰めかけた。開店とともに冬ソナ島はあっという間にファンで埋まり、パチンコ初体験の客が多数見受けられ、冬ソナ人気の根強さをうかがわせた。あわせて3月12日まで「冬のソナタギャラリー」を館内に併設オープン。撮影で使われた衣装や台本、未公開NG映像、小道具類などファンにとっては神髄の品々が華を添えていた。「ぱちんこ冬のソナタ」は、3月13日より全国導入を予定している

京楽産業株式会社

2006/02/17

関西遊商 社会貢献活動の一環として献血活動

 関西遊技機商業協同組合は2月17日、社会貢献活動の一環として毎年行っている集団献血を、今年も大阪市浪速区のかんぽヘルスプラザ大阪において実施した。今年で4回目となった献血活動は、前年の191名を上回る208名の組合員及び組合企業従業員が事前に参加表明し、その参加規模は年々拡大している。大阪エリアでは1日1500人分の血液が必要で、その4日分、合計6000人分の血液を専用冷蔵庫にストックしておかなければならない中、1年で血液が最も不足するのがこの時期。今回の献血で1日の必要量 の2割近くが賄えたことになり、同組合の定期的な献血活動は関係各方面 に大いに喜ばれている。

関西遊技機商業協同組合(関西遊商)

2006/02/16

メダル工業会 5号機より新「補給・回収器具」周知へ

 遊技場メダル自動補給装置工業会(大泉政治理事長)は16日、記者会見を開催した。これは、同組合で統一供給している「補給・回収器具」について、パチスロ5号機への入れ替えを契機に新装置になっていることを発表した。現在、新しい「補給・回収器具」による保通 協での付加試験がおこなわれており、今春からの完全切り替えの準備が整っていることによる。今後、ホール現場において周知してもらえるよう、積極的にその新器具の存在を告知していく。

2006/02/16

サミー 3月15日HERO’Sに特別協賛

 サミー(株)(本社/東京都豊島区)は16日、東京ジョイポリスにおいて3月15日日本武道館で開催する格闘技イベント「HERO’S 2006」に特別協賛することを発表した。スーパーバイザーの前田日明氏、谷川貞治社長(FEG)をはじめ、出場予定の主力である須藤元気、秋山成勲、宇野薫、所英男、宮田和幸、山本宣久など一堂に会見、格闘道の新たな可能性に意欲を見せた。チケットは11日から発売を開始している。

サミー株式会社

2006/02/16

ダイナム 行政処分について説明会見

 (株)ダイナム本社は16日、「ダイナム 美しが丘店」が2月6日〜15日まで10日間の営業停止処分を受けた事につき、午後1時から記者説明会を開催した。佐藤社長、佐々木副社長、森法務部長、青山監査室長の4名が出席。「行政処分を受けた事実を厳粛に受け止めている」と許可営業者として再発防止に努めていくことを誓いながらも、あくまで被害者であるという立場を表明。輸入業者、景品問屋らに刑事処分が下された後、数ヶ月経過してからの処分に、「問題のブランド品は納入業者より並行輸入品との説明を受けていた。インターネットでの価格調査等も行い、違法性を認知できなかったという我々の主張が認められたものと認識していたが、なぜ今になってなのか」と語った。昨年5月12日からの一連の経過について公開できる限りの資料(約200ページ)を提示。1度は行政訴訟の手続きを行うも、それを取り下げ、「出来る限り詳細な情報をマスコミ、業界団体などの関係者に幅広く開示し、業界全体でこの問題に対して議論する機運を高めることが必要だと感じた」と説明。
 なお同店の直接の処分理由は偽ブランド品の所持や提供を禁じている商標法違反ではなく、 風適法における等価性の違反で、さらに景品価格の上限を越える商品を提供しているというものではなく、本来偽物である数千円の価値の商品を1万円で提供したという点で処分が行われたことが判明。
  5月1日から施行する改正風適法の罰則強化によって、法令遵守への厳正さがさらに問われているところであり、今一度、警鐘を鳴らす会見となった。なお、ダイナムは現在全国に260店余のチェーン網を敷いている。PCSAでは17日この問題でダイナム社の説明を聞き対応を協議、21日臨時社員総会を開催する。

株式会社ダイナム

2006/02/14

グローリー&ナスカ 新製品発表会開催

 グローリーリンクス(株)とナスカ(株)は14日、浅草のホテルにおいて新製品発表会を開催した。経過措置による遊技機の激変期の中でのホール営業は、これまで通 りの経営手法では行き詰まるとの危機感の中、新たなホール機器のニーズに応えたもの。グローリーからは、ホールコンピュータG-tageを発表。スタート・ベース管理の限界を補足した「出玉 率管理」機能の充実。パチスロはシミュレーションによるモード設定をそれぞれ提案した。ナスカからは、新システムナスカG8システムを発表。高額紙幣対応ICカードシステム。展示会に合わせて、「みなし機撤去後のホール経営戦略」「ホール向けデビットカードサービス」のセミナーを開催、終日関心を集めた。

グローリー・リンクス株式会社
ナスカ株式会社

2006/02/13

ゴルフ フィールズオープン決勝26日放映

 フィールズオープン イン ハワイ国内広報事務局(代行・共同PR(株))は、23日からの全米女子プロゴルフ協会公式戦第2戦(フィールズ(株)主催)の放映予定としてテレビ朝日、BS朝日に加え、「Yahoo!動画」、「ザ・ゴルフ・チャンネル」を発表した。出場予定選手では、宮里藍、諸見里しのぶ、横峯さくら、大山志保、茂木宏美、東尾理子、馬場ゆかり、馬場由美子、服部道子、ミシェル・ウィー等132名(敬称略)。

○テレビ朝日系列24局ネット
<予選>2月25日16:00-16:55
<決勝>26日16:00-17:25

○BS朝日
<予選>2月25日19:00-19:55
<決勝>26日19:00-20:25

○JCTV[ザ・ゴルフ・チャンネル]
<予選>(1)2月24日8:30-11:30 (2)25日19:30-22:00
<決勝>26日19:30-22:00

○[Yahoo!動画]
<予選>(1)2月24日8:30-11:30 (2)25日19:30-22:00
<決勝>26日19:30-22:00

フィールズ株式会社

2006/02/10

大遊協 大阪市に福祉車両8台贈呈

  大阪府遊技業協同組合(段為梁理事長)は、10日大阪市役所庁舎玄関前広場において、第6回福祉車両贈呈式で8台(約1千万円相当)を贈った。再選間もない関淳一市長に段理事長は自動車キーを贈呈した。平成15年12月23日に第1回贈呈をスタートさせ、10年間で200台の福祉車両贈呈を目標としている。今回で累計45台(大阪府・市)となった。善意の箱事業は、昭和47年8月よりスタートし34年目。平成17年度は約1億2800万円の浄財となり、累計は約33億8452万円となっている。

大阪府遊技業協同組合

2006/02/09

アトラス パロット新機種「カリブの海賊」発表

 (株)アトラス(本社・東京都新宿区/猪狩茂社長)及び(株)アトム(本社・東京都台東区/原野直也社長)は、平成18年2月9日、東京・港区のホテルオークラ東京において、パロット1号となる「カリブの海賊」の発表記者会見を行った。会場には芸能界の重鎮で歌手の和田アキ子さんも応援に駆けつけた。ゴッド姉ちゃんこと和田アキ子さんは「この機械なら簡単で誰でも楽しめる。私もはまりそう」と語り、急遽行った試打で大当たりを引き思わずガッツポーズも飛び出した。

株式会社アトラス

2006/02/08

高尾 新機種「CRくるくるポン萌」発表

(株)高尾(本社/名古屋市中川区)は2月8日、新機種「CRくるくるポン萌」を発表、全国ショールームで内覧会を行った。
同機種は回転するクルーンから落下した玉がゲートを通過すれば電チューが開放。電チューに入賞でメインデジタルが回転し、赤図柄なら15ラウンド、青図柄なら2ラウンドというゲーム性。
大当たり確率1/239.5、確変割合66%。2ラウンド大当たり終了後確変に昇格しなければ100回の時短に突入する。

株式会社高尾

2006/02/07

ダイナム美しヶ丘店 偽ブランド品提供で10日間の営業停止

 偽ブランド品を卸したとして昨年7月にパチンコ景品卸会社が北海道警に摘発された事件に絡み、道公安委員会は、検挙会社の扱っていた偽ブランド品を景品として提供していた大手パチンコ店「ダイナム」(本社/東京都)の札幌市清田区にある「美しが丘店」に対し、最高限度額規制の違反 (風営法)として2月6日から15日まで、10日間の営業停止処分とした。道警は昨春5月12日同店を家宅捜索し、景品に偽ブランド品を置いていたことが判明。卸会社の社員らが有罪判決を受けている。今回の処分は商標法の違反ではなく、同店が扱った偽ブランド品・景品はパチンコ玉 やメダルの貸出額との等価性、最高限度について1万円までと規定している風適法19条・施行規則29条に違反したことによる。 行政は、昨年10月31日、1月26日と業界に向けホール営業者が当然に履行すべき重要な義務として、物品の点検・管理、市場価格の確認を要請している。 一方、(株)ダイナム(CSR推進部)は「行政処分を受けた事実を厳粛に受け止めている」としている。今後、再発防止にむけたリスク管理の徹底、昨春からの経緯についても詳細に検証、コンプライアンスにも努めていくという。

株式会社ダイナム

2006/02/07

宝塚市長、パチンコ業者からの収賄で逮捕

 兵庫県宝塚市長が、パチンコ店出店に便宜を図る見返りに、業者から国産高級乗用車(トヨタ・セルシオ 約800万円相当)を受け取っていたことが分かり、神戸地検特別 刑事部は7日、市長の渡部完(わたなべ・かん)容疑者(47)を収賄容疑で逮捕するとともに翌8日、贈賄容疑で元パチンコ店経営、金浩二(きん・こうじ)容疑者(42)=法人税法違反罪で起訴=と、パチンコ店経営会社社長、福田宰治(ふくだ・ただはる)容疑者(49)=電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで逮捕=の2人を再逮捕。宝塚市の渡部容疑者の自宅などを家宅捜索した。

 調べによると、渡部容疑者は2003年11月、将来のパチンコ店出店に便宜を図る見返りに、高級自動車1台の提供を受けた疑い。神戸地検特別 刑事部の調べなどでは、わいろとされる車の購入代金は、金容疑者が数百万円を提供。ローン契約は渡部容疑者の名義で組み、福田容疑者を通 じて渡部容疑者の個人口座に毎月約十二万円が振り込まれるなど、渡部容疑者自らが車を購入したように見せかけた偽装工作の手口が分かっている。 さらにその後の調べでは、神戸市内のディーラーでの車購入やローン契約の手続きは、福田容疑者が引き受けていたことが判明。特刑部が11月に摘発した金容疑者の脱税事件に絡んでも、同容疑者が実質所有、使用する外国製高級車を福田容疑者が自らの名義で虚偽登録したとして、電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で逮捕されている。

 宝塚市は1983年、パチンコ店の出店を商業地域に限定する条例を制定した。しかし、渡部容疑者が初当選してから約半年後の03年9月、市長の同意があれば準工業地域などで出店できるよう条例が改正された。 渡部容疑者は県議を3期務めた後、03年4月の市長選で初当選し現在1期目。

2006/02/07

日遊協 ボランティア緊急派遣隊、雪かき初出動

 日遊協ボランティア緊急派遣隊は、2月2、3日の2日間、新潟県で雪かきボランティアをおこない初出動したと7日までに公表した。日遊協ボランティア緊急派遣隊の総隊長・小島豊副会長(日遊協)と藤森寛之隊長(東京支部)は、都連青年部(亀田宏司部会長)と合同チーム(全15名)を編成して、新潟県中魚沼郡津南町の雪かきボランティアに出動した。今後の本格活動に備えた調査・研究の使命を担った。日遊協ボランティア緊急派遣隊は、社会貢献活動の一環として、平成17年6月に発足。登録する隊員総数は152人。今冬の日本海側を中心とした大豪雪は緊急対応が報じられているところで、可能な範囲での支援について、1月開催の日遊協理事会でも派遣が協議されていた。合同チームは、2日午後の約4時間、翌3日午前の約4時間、高齢者(80歳以上の独居)の家屋を中心に5戸の除雪作業を担当した。作業の終了の際には、一緒に雪かき作業をおこなった地元民からも謝意の言葉を受けた。

社団法人日本遊技関連事業協会 (日遊協)

2006/02/06

SANKYO 「CRフィーバージュリー・ザ・ピンボール」発表

 (株)SANKYO(本社/群馬県桐生市)は2月6日、新機種「CRフィーバージュリー・ザ・ピンボール」の発表に伴い全国各地のショールームで展示会を開催した。パチンコ玉 でピンボールの動きを完全再現。TOKIOステージの上で踊る予測不能な玉 の動きはスカイクルーンやループスライダー、フリッパーなど、魅力的な役物が脇を固め実現させる。まるでパチンコの遊園地とも言える役物アトラクションは必見である。 1分刻みのチャンスゾーン「ジュリータイム」は継続すればするほど確変状態への期待感がUPする激アツ演出。突入時に流れるBGMにより期待度が変化するので見逃せない。そして、沢田研二ことジュリーの「TOKIO」など代表曲4曲が収録され、プレイヤーは“しびれる”サウンドと“はじける”ピンボールの絶妙なハーモニーで最高のエンターテインメントを体験する。

株式会社SANKYO

2006/02/03

大一商会 「CR所さんのすんごいパチンコ台」発表

 (株)大一商会(本社/愛知県西春日井郡)は2月3日、新機種「CR所さんのすんごいパチンコ台」シリーズの発表に伴い、全国各地のショールームで展示会を開催した。遊びの天才、所ジョージ氏と同社の世紀のコラボレーションが実現。同機はチャンスモード演出がどんどん発展するという斬新ゲーム性を搭載。12インチの大型液晶と連動する可動式巨大役物「スーパー所さん」が動き、おしゃべりで演出を盛り上げる「スーパー所さんおしゃべり演出」や、背景が雷になり、所さんが更にしゃべり続ける「超おしゃべりタイム」、そして、確変状態の激アツ究極モード「メガ天モード」は「スーパー所さん」が図柄をどんどん噛み砕く期待度MAXのチャンスモードだ!

株式会社大一商会

2006/02/02

京楽 「CRぱちんこ冬のソナタ」発表

 京楽産業(株)(本社/名古屋市天白区)は2日、都内江東区のホテルにおいて新機種「CRぱちんこ冬のソナタ」の発表展示会を行った。冬のソナタは2002年からNHKで放送された韓国ドラマで、社会現象を巻き起こすまでに大ヒット。当日会場にはドラマにサンヒョク役で出演したパク・ヨンハさんが登場し、会場はおおいに盛り上がった。同機は感動的な名場面 を実写映像でふんだんに使用。大当たりラウンド中は1話から名場面集が流れ、20回以上の継続で感動のプレミアムエンディングが見られる。パク・ヨンハさんは「ドラマ同様ぱちんこ冬のソナタも愛してください。」と製品をアピールした。

京楽産業株式会社

2006/02/02

21世紀会 攻略雑誌等に要請書

 パチンコ・パチスロ産業21世紀会(代表/原田實全日遊連理事長・業界12 団体)は、2日までに「サクラ・打ち子募集」「攻略法販売」等、詐欺的類の広告内容について、出版4社に要請書を送付したことを公表した。業界の健全化に向けた取組みの一環であるが、業界団体連名で直接雑誌発行の出版社へ要請書発出は初めての事。4社に対し、業界の健全化をゆがめるような広告掲載について内部チェックの強化を要請する内容だが、今後も他の出版社、インターネットプロバイダー等にも広げ、事態によってはさらに取組みを強化する考えだ。

21世紀会事務局(全日遊連)

2006/02/02

ダイコク電機 「次代を切り開くホール戦略」展示会スタート

 ダイコク電機(株)は2日、名古屋会場を皮切りとして「次代を切り開くホール戦略」(Survive NEXT)をテーマとした展示会&セミナーをスタートした。冒頭挨拶に立った栢森雅勝社長は、SISで培ってきた「高付加価値」(Cシステム)を提供していく中でのサービス(メニュー)体制の一層の拡充を誓った。新・集客力を秘めた機器展示(参考出品含む)と併せ「業界激動の1年を読む」(ファンを動かす遊技機動向はいかに)のセミナー同時開催の構成。今後、東京(2月7・8日)、福岡(2月15日)、大阪(2月21日)のスケジュールで開催していく。

ダイコク電機株式会社