NiS 団体設立記者会見で、iスポーツの普及を誓う

一般社団法人日本iスポーツ機構(大原弘代表理事・略称NiS)は1月15日、オンラインによる記者発表会を開催。NISは、iスポーツを通して人々の競技力(遊技機の取付け精度とスピード)及びスポーツ精神の向上を目指して、健やかな社会、スポーツ文化の発展に貢献する事を目的として昨年11月12日に設立した。

大原弘代表理事は、「iスポーツとは遊技機の取付けを競技化したもので、その精度とスピードを競い合うスポーツです。今までにない概念で新しいチャレンジとなります。私共はiスポーツを通して人々の競技力及びスポーツ精神を向上させ、健やかな社会とスポーツ文化の発展に貢献していく所存であります。そのためにiスポーツ振興に関する研究と啓発、iスポーツ競技大会の普及、iスポーツ健康アドバイザー・iスポーツ健康マスターのプロライセンス発行、選手育成支援等を展開してまいります。そして、将来は日本国内だけでなく、国際的な競技大会の開催も目指して、積極的な施策を継続して打ち出して行く想いでございます。現在、新型コロナウイルス感染が世界的に流行し、人々の生命と生活と社会経済活動に深刻な影響を及ぼしている中でのスタートとなりますが、競技に参加する人、観覧される人みんなの笑顔が広がり世の中を元気にする一助になりたいと考えております」と挨拶。今後、協賛企業、賛助会員など、支援者ならびに参加者を増やしていきたいと、呼びかけた。

なお、設立を記念して、iスポーツ競技体験会の開催を発表。2月20日午後1時からP-SPACE(東京都板橋区志村3-2-10)において予定している。また、NISの活動(ライセンス資格等)ならびに体験会については、NIS専用ホームページで照会できる。

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2021年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る