ダイナム パチンコ依存問題対策「家族申告プログラム」を全406店舗で導入

(株)ダイナム(本社/東京都荒川区)は、家族からの申込みでお客(本人)の入店を制限する「家族申告プログラム」を、10月31日(水)をもって、同社の全406店舗への導入を完了。 今後は、昨年7月より全店にて運用中の「自己申告プログラム」に加えて、家族からの申込みでもお客(本人)の入店制限が可能となる。同社は今後もこの問題に真摯に向き合い、自主的かつ積極的に、様々な取り組みを行っていく。

■家族申告プログラム(入店制限)
家族からの申込みでお客(本人)の入店を制限するもので、お客(本人)の同意のもと、店舗での遊技が確認された際に店舗スタッフより声掛けをするプログラム。尚、お申込みの際には、お客(本人)の同意書が必要となる。

■自己申告プログラム
パチンコ・パチスロへの過度なのめり込みを抑制したいお客をサポートする仕組み。ホールの会員管理システムを利用し、お客自身に「1日の遊技金額」、「1カ月の来店回数」、「1日の遊技時間」を決めてもらい、遊技金額、来店回数については上限設定値が超過した翌来店日に、遊技時間については、当日、上限設定値に達した際に、店舗スタッフより知らせる。また、お客自身に遊技しないことを宣言してもらい、店舗にて遊技が確認された際に店舗スタッフより退店の声掛けをする入店制限のプログラムも用意している。

■家族申告プログラム 運用フロー
家族のお申込(お客(本人)の同意が必要)

お客(本人)が来店(お客(本人)へ声掛け)

お客の家族へ報告(店舗スタッフが家族へ連絡)
※お客(本人)を見かけ時に声掛けし、家族へ連絡するものなので強制的に遊技をやめてもらうプログラムではない。

同社は、「パチンコを誰もが気軽に楽しめる“日常の娯楽”に改革する」ことを経営ビジョンに掲げており、ギャンブル等依存問題への取り組みはホール企業としての責務であると考えている。また依存問題の正しい理解のために、全役職者が依存問題について正しく理解するとともに、依存問題対策の重要性についての社員教育も実施している。

株式会社ダイナム

2018.11.05 更新

全国遊技場名鑑
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2019年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る