中国遊商 西日本豪雨被災地の広島県・岡山県に義援金寄贈

全商協所属の中国遊技機商業協同組合(松原陽輔理事長)は、本年7月の広島、岡山県などを中心に甚大な被害をもたらした西日本豪雨の被災地支援として、広島及び岡山両県に対し計250万円の義援金を寄贈した。

8月1日には、松原理事長(写真・左)等が広島県庁を訪問し、田中剛健康福祉局長(同・右)に、8月7日には、岡山県の山陽新聞社会事業団を訪問し、同事業団の阪本文雄専務理事にそれぞれ目録を手渡した。松原理事長は、「被災者の皆様が安心して暮らせる日々が1日でも早く取り戻せるよう、役立てていただきたい」と述べ、田中健康福祉局長からは、「被災に遭われた皆様に対し、有効に活用させて頂く」と謝辞があった。

今後、同組合は復旧作業の途上である土砂などの撤去作業にボランティア活動として取組んでいくとしている。

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る