マースエンジニアリング 「健康経営優良法人2018」認定

パチンコ周辺機器大手の(株)マースエンジニアリング(本社/東京都新宿区)は、2月20日付で「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されたと公表した。

同社は、社員一人ひとりが才能を十分に発揮し躍動するには、心身の健康保持を増進し、働きやすい職場環境を整えることが企業経営の重要課題の一つであると考え、全社挙げた取組みを行っており、今回、経済産業省及び日本健康会議から健康経営優良法人として認められた。

同社では、社員の一般健康診断受信率、精密検査受信率100%の維持、禁煙推進活動等の取り組みを行い、健康を維持する社員には健康奨励金を支給している。また社員がいきいき活躍できるためには、社員の家族の健康も不可欠と考え、配偶者に対する健康診断受診の案内、健康奨励金の支給等、配偶者の健康診断受診率の向上にも努めているという。加えて、ワークライフバランスを実現するために、アニバーサリー休暇制度、時間単位の有給休暇制度の導入等、社員が安全で働きやすい職場環境の形成に取り組んでいる。同社では、これからも社員の心身の健康維持・増進を支援する健康経営に積極的に取り組んでいくという。

健康経営優良法人制度は、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」する事で、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受ける事ができる環境を整備する事を目的としている。また、本制度は、日本健康会議の「健康なまち・職場づくり宣言2020」の宣言4「健保組合等保険者と連携して健康経営に取り組む企業を500社以上とする。」及び宣言5「協会けんぽ等保険者のサポートを得て健康宣言等に取り組む企業を1万社以上とする。」 を達成するための一助となる事も目的としている。第2回目となる今回、「健康経営優良法人2018」として、「大規模法人部門」に541法人、「中小規模法人部門」に775法人が認定された。

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る