機構 遊技機性能調査、後半につれ一般入賞率アップ

一般社団法人 遊技産業健全化推進機構(五木田彬代表理事)は12月4日、6か月間の「遊技機性能調査」の結果(概要)について公表した。前半の6月〜8月では258台中96台(37.2%)だったが、後半(9月〜11月)は、457台中222台(48.6%)と平均値を上げており、直近の11月では54.3%となっている。

6か月の集計では、全国51(都府県方面)の延べ124地区443店舗の715台を調査。打ち出し球数は2006個〜3701個(平均2960個)だった。その内、一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数は、318台(44.5%)。その入賞球数は1個〜96個。内訳は1個〜3個188台、4個〜6個55台、7個〜9個21台、10個以上 54台。

【6月】
有効調査台数/全国7地区23店舗の32台
打ち出し球数/2650個〜3701個・平均3032個
一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数/9台(28.1%)
入賞が確認された台の一般入賞口への入賞球数/1個〜7個
その内訳/1個〜3個4台・4個〜6個4台・7個〜9個1台・10個以上0台

【7月】
有効調査台数/全国25地区76店舗の124台
打ち出し球数/2069個〜3220個・平均2929個
一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数/53台(42.7%)
入賞が確認された台の一般入賞口への入賞球数/1個〜10個
その内訳/1個〜3個37台・4個〜6個11台・7個〜9個4台・10個以上1台

【8月】
有効調査台数/全国22地区62店舗の102台
打ち出し球数/2071個〜3376個・平均2987個
一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数/34台(33.3%)
入賞 が確認された台の一般入賞口への入賞球数/1個〜30個
その内訳/1個〜3個24台・4個〜6個4台・7個〜9個3台・10個以上3台

【9月】
有効調査台数/全国28地区88店舗の147台
打ち出し球数/2053個〜3195個・平均2933個
一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数/57台(38.8%)
入賞が確認された台の一般入賞口への入賞球数/1個〜8個
その内訳/1個〜3個48台・4個〜6個6台・7個〜9個3台・10個以上0台

【10月】
有効調査台数/全国25地区71店舗の113台
打ち出し球数/2080個〜3479個・平均2964個
一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数/58台(51.3%)
入賞が確認された台の一般入賞口への入賞球数/1個〜88個
その内訳/1個〜3個41台・4個〜6個10台・7個〜9個2台・10個以上5台

【11月】
有効調査台数/全国17地区123店舗の197台
打ち 出し球数/2006個〜3475個・平均2970個
一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数/107台(54.3%)
入賞が確認された台の一般入賞口への入賞球数/1個〜96個
その内訳/1個〜3個34台・4個〜6個20台・7個〜9個8台・10個以上45台

【6か月計】
有効調査台数/全国51地区443店舗の715台
打ち出し球数/2006個〜3701個・平均2960個
一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数/318台(44.5%)
入賞が確認された台の一般入賞口への入賞球数/1個〜96個
その内訳/1個〜3個188台・4個〜6個55台・7個〜9個21台・10個以上54台

*遊技機性能調査の一般入賞口への入賞状況を確認する調査では、1台のぱちんこ遊技機において大当り等を挟まず、2000個以上の打ち出しが確認できた調査のみを有効としている。地区は都府県方面別。

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2019年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2019年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る