回胴連絡会 ART自主規制の概要を発表

回胴式遊技機製造業者連絡会(里見治会長)は、12月24日までに、22日に行われた研修会の内容を郵送でプレス発表した。

行われた研修項目は
1.射幸性の抑制について
2.不正防止に関する情報の遊技機外への出力について

の2点。

2については、情報提供端子盤の廃止に伴なう出力信号の扱いについての説明。

注目の1については、警察庁がこれまで指摘してきた「ARTが長期間継続し一連の遊技で大量の遊技メダルが獲得できる性能」に対する自主規制内容。ボーナスとARTの連鎖、ナビによるARTの継続なども考慮し、メダルが増える1区間で払い出しメダルが3000枚を超えないものとし、会員に説明を行った、と発表した。

2009.12.24 更新

娯楽産業協会 USTREAM 録画放送
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2021年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2022年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る